花より男子 第34話ー俺の大事な女です!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺が自分の母親につくしを紹介!~ | VODの殿堂

アニメ

花より男子 第34話ー俺の大事な女です!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺が自分の母親につくしを紹介!~

   
 

タイトル:花より男子 第34話ー俺の大事な女です!ー
放送局:テレビ朝日系列
声優:牧野つくし・持田真樹
道明寺司・宮下直紀
花沢類・山本耕史
西門総二郎・赤井田良彦
美作あきら・望月祐多
牧野恭吉・鈴木信明
牧野千恵子・渡部るみ
松岡優紀・飛松加奈子
道明寺椿・大川千帆
道明寺楓・土井美加
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年5月31日までは視聴可)

織部はつくしと道明寺の前に現れ、道明寺に対し復讐目的で現れたことを伝えました。
この時織部は、つくしに今回の件について丁寧な謝罪をします。
しかしつくしは道明寺がしたことを考えると、織部の気持ちも理解できないというわけではないものの、今回は謝罪を受け入れることはできませんでした。
一方西門と美作、花沢は男4人組に復讐をした後、つくしに道明寺と付き合うことをゴリ押ししました。
戸惑うつくしは道明寺は犬みたいだという話を持ち出し、その場から逃げ出しました。
道明寺と付き合うことに対し不安を感じていたつくしは、そろそろ本当にこの件からは逃げることが出来ないと感じ始めます。
果たしてこのような気持ちを抱いているつくしは、道明寺と本当に付き合うのでしょうか!?

『花より男子』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2019年10月23日(水)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

~あらすじ~

ー道明寺家の部屋ー

道明寺は、西門と美作、花沢とお茶をしていた。

「しかしお前、犬の様な回復力だな」

美作は道明寺にこう話す。
この言葉で道明寺はつくしに犬のようだと言われたことを思い出す。

「ああ、でも犬って可愛いよな!」

イラついた道明寺を見た西門は、フォローのつもりでこう話すが、更に道明寺はイラついてしまう。

「あの女!」

ついに道明寺はこう叫び、部屋を出て行ってしまう。

ー学園の廊下ー

浅井と鮎原、山野はつくしが貼られた赤札の話題をしていた。
この時つくしが現れる。
つくしを見た浅井と鮎原、山野はつくしを見て大笑いする。
その後つくしは歩いている時、西門に廊下でぶつかってしまう。

「いってぇなてめぇ!」

西門は怒り、その場にいた美作と花沢が振り返る。

「ごめん、西門さん」

おかっぱになってしまったつくしは、振り返って西門に謝る。
西門と美作、花沢はつくしだと気付かず、ボー然としてしまう。

「なんだお前、その髪・・・まるで・・・」

つくしだとようやく気付いた西門は、こう話す。

「金太郎」

西門が話す前に、つくしは自ら答える。
ヘアサロンに行くお金がないつくしに、昔から工作が得意な花沢は自らカットを申し出る。

ー非常階段ー

花沢がカッターでつくしの髪の毛をカットしようとしたため、つくしは驚いてしまう。
つくしの反応を気にせず、花沢はカットを始める。
この時つくしは、道明寺は退院したものの、まだ骨がくっついていないため学園を休んでいることを花沢に知らされる。

「それだけあんたのこと、思ってるんじゃないの」

この状況で花沢は今回のような道明寺を初めて見たことを説明し、つくしにこう話す。

ーーー確かに、私も感動した。

こう思いながら、つくしは道明寺が殴られている状況を思い出す。

「楽しそうじゃねぇか」

いきなり道明寺がこう言いながら現れる。
道明寺は家で寝ているのがダルかったため、学園に来たことを説明する。

「わぁー!上手!ありがとう!花沢類!」

この時カットが終わったため、つくしは鏡を見ながら花沢にお礼を伝える。

「パーティーの件、まだ話してないから」

花沢は道明寺にこう話し、この場を後にする。

「お前、明後日の日曜日って何の日か知ってるか?」

パーティーについて質問したつくしに対し、道明寺が質問する。
何の日か知らないと答えるつくしにイラつきながらも道明寺は、自分の誕生日であることを教え、夜に自分の誕生日パーティーがあることを告げた後、つくしを招待する。
更に道明寺は、父親は仕事で来れないものの、椿と母親が外国からくることを報告し、母親につくしを紹介すると説明する。

ーーー紹介って・・・マジ!?

つくしは驚いてしまう。

ー団子屋ー

つくしはバイト中、優紀に道明寺の誕生日パーティーに渡すプレゼントのことを相談する。
優紀はつくしに手作りの物を渡すことをアドバイスする。

ー道明寺家の前ー

パーティーの日、つくしは高級車の列に驚く。
帰ろうとするつくしの前に西門と美作、花沢が現れ、声をかける。
つくしは西門と美作、花沢の正装に驚いてしまう。

「たりめーだろ?道明寺家の長男のバースデーだぜ?」

西門はつくしにこう話した後、美作はつくしに何を着ているのか質問する。

「うちの母親の、若い頃のワンピ!流行は繰り返すのよ!!」

自信満々につくしはこう答える。
つくしを見た西門と美作、花沢はひそひそ話でつくしの洋服のダメ出しをする。
西門はつくしの手を引っ張り、道明寺家の中へ連れていく。

ー道明寺家の玄関ー

つくしは椿と遭遇したため、挨拶する。

「お姉さん、すっごいキレイ」

美しい椿をつくしは褒める。
この時美作は、椿につくしへ洋服を貸すようにお願いする。
椿はこのままでも可愛いと話していたが、道明寺の母親が来ていることを美作に言われた途端、洋服を貸すことを決意する。
つくしはこの重たい雰囲気を不思議に思っていた。

ー道明寺家の中庭ー

「道明寺家のパーティーに落ち度があってはならないのよ」
「司さんもいいわね?」

曇っているワイングラスをウェイトレスに指摘した後、道明寺の母親はタバコを吸いながらこう話す。

「はい」

その場にいた道明寺は返事をする。

ー道明寺家の部屋ー

つくしは椿が学生時代に着ていた洋服を着て、椿と西門、美作と花沢の前に現れる。

「どお?」

全くサイズが合っていない洋服を着たつくしは質問する。
無言状態の中、花沢は後ろを向いて笑ってしまう。
この時美作はつくしに別の洋服を提案する。
しかし美作が提案した洋服も、つくしは似合わなかった。
椿と西門、美作は困り果ててしまう。
花沢は再び後ろを向いて笑ってしまう。
今度は椿が中等部の時に作ったワンピースを手に取る。

「あの、何でこんなおしゃれしなくちゃなんないんですか?」

つくしは疑問に思っていたことを質問する。

「「司のおふくろ、すっげー怖いんだよ」」

椿に代わり、西門と美作、花沢は声をそろえて答える。
答えを聞いたつくしは、まだ状況を理解することができなかった。
この時つくしは、女を招待したことを道明寺の母親が知ったら、道明寺の婚約者として見られてしまうことを知る。

「私帰ります・・・!」

不安になったつくしは帰ろうとする。
そんなつくしを西門と美作は止める。

「私は誕生日のお祝いに来ただけで、そんなの聞いてない!!」

つくしはこう叫ぶ。

「いいから聞け!!」

叫ぶつくしに対し、西門が怒鳴る。
そして西門は、自分達は全員政略結婚を昔から叩き込まれていることをつくしに説明する。
自分が選んだ女とは結婚できない現実を告げ、西門は道明寺のために今日だけはお嬢のフリをしてほしいとつくしにお願いする。

「どうせ、牧野と司は・・・結ばれない運命なんだからよ」

お願いをした後、西門はこう付け加える。

ー道明寺家のパーティー会場ー

つくしは道明寺の元へ向かう。

ーーー私は、ここにいるべき人間じゃない。

西門の話を聞いて、つくしは安心しつつも複雑な気持ちでこう思っていた。
つくしの存在に気づいた道明寺は、話していた女性達から離れ、つくしに話しかける。

「へー、お嬢に見えるじゃん」

道明寺はつくしの格好を見て褒める。
この時つくしは、道明寺のネクタイが曲がっていることに気づき、直してあげる。
そして料理を取りに行く前に、道明寺からもらった文字を入力することができるおもちゃを道明寺に渡す。

(ハッピーバースデー)

道明寺はおもちゃのボタンを押し、登録されている文字を読み、微笑む。
このつくしと道明寺のやり取りを、道明寺の母親が見ていた。
道明寺は料理の前にいるつくしにプレゼントを催促する。

「わりぃ」

忘れたことを伝えた後、つくしはこう言いながら料理を手で取って食べる。
道明寺はつくしの元へ行き、いつもの調子で話をしていた。
本当はプレゼントを持ってきていたが、高級車などのハイレベルな道明寺への誕生日プレゼントが置いてある状況を見て、つくしは渡すことが出来なかった。

「ちょっと来い、母親に紹介する」

この時道明寺はつくしにこう話したため、つくしは驚いてしまう。
遠慮するつくしを、道明寺は連れ出そうとする。

「司さん」

この状況を見ていた道明寺の母親は、ついに道明寺に声をかけ、つくしを紹介するよう求める。
道明寺の母親が現れたことに驚いたつくしは、よろめいてしまう。
その拍子にテーブルにぶつかったつくしは、ワイングラスをテーブルから落としてしまう。

カシャーン

ワイングラスが割れた音で、周りにいた人達はつくしに注目する。

「あ、すみませ・・・」

つくしがこう言いながら、ワイングラスの破片を拾おうとした時、道明寺の母親はワイングラスの破片を踏みつける。

「あなた、どちらの方?」

道明寺の母親は、つくしにこう尋ねる。

ーーー怖い!

つくしは道明寺の母親の威圧感に恐怖を感じてしまう。

「お母さん、こいつは・・・こいつは俺の大事な女です」

 

駆け寄ってきた椿を気にせず、道明寺はこう話す。
話を聞いた道明寺の母親は驚いてしまう。

~感想~

道明寺の誕生日パーティー、凄いですね(笑)
この状況は、つくしも驚いて当然だと思いました。
つくしはF4や椿から、政略結婚といった現実的な話をされていましたが、なんかちょっと切ないですね・・・。
そんなF4に洋服をダメだしされたつくしは、椿に洋服を借りることができてよかったですね。
母親の若い頃のワンピ(しかも渋いグリーン・・・)を着てくるなんて、つくしのセンスもなかなかすごいでね(笑)
ついに誕生日パーティーでつくしは道明寺の母親と会うのですが、さすが!道明寺の母親ですね。
威圧感をビシビシとつくしも感じていました。
この状況で、道明寺は怯むことなく、自分の母親につくしを紹介してしまいます。
当然、道明寺の母親は驚きますよね(笑)
つくしと道明寺を少し前から観察し、道明寺の母親はつくしのマナーのなさにもイラっとしていたようでしたね。
明らかにキツそうな母親で嫌だなーなんて思って観ていたのですが、やはりこれだけ大金持ちな道明寺の母親であるということを考えると、これくらいキツいタイプの人間でなければ、この世界では通用しないのかもしれません。
そう考えると、道明寺の母親のキツそうな雰囲気にも納得できますよね。
周囲からもキツい、厳しいというような声が飛び交っていますが、もしかしたら根はキツくなく、優しいのかもしれない・・・そういう淡い期待を抱きながら、次回、どのような展開になるのか、道明寺の母親にも注目して楽しみたいと思います。

花より男子を見るならU-NEXTがオススメ!

配信中の関連作品
・花より男子~Boys Over Flowers
・花のち晴れ

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
花より男子 第24話ー愛の嵐!学園追放!?ーのあらすじ・ネタバレ・感想~つくしと花沢が学園を退学・・・?~
花より男子 第25話ー二人・それぞれの愛ーのあらすじ・ネタバレ・感想~花沢の気持ちが明らかに・・・!?~
花より男子 第26話ー眠れない二人の夜!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺家でつくしと花沢はどうなった!?~
花より男子 第27話ー道明寺、N.Yへ!!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~ついに道明寺が旅立つ・・・!?~
花より男子 第28話ーつくし、カナダへ!!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~つくしの命が危ない!!~
花より男子 第29話ーアイツのぬくもり!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺がつくしに気持ちを伝えた!?~
花より男子 第30話ー友だち、いらない?ーのあらすじ・ネタバレ・感想~メガネをかけた男子生徒、参上!~
花より男子 第31話ー衝撃!二度目の赤札ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺のつくしへの気持ち~
花より男子 第32話ー道明寺は・・・来ない?ーのあらすじ・ネタバレ・感想~織部が道明寺を恨んでいる理由~
花より男子 第33話ーいつか笑える日ーのあらすじ・ネタバレ・感想~予想外な織部の行動にびっくり!~
花より男子 第35話ー恋の逃避行!?ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺の母親がついに怒り出す!?~
花より男子 第36話ー司の母の密かな企みーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺の母親が行動開始!~
花より男子 第37話ー仕組まれた対決!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~メイプルホテルにつくしが呼び出され、ご対面!~
花より男子 第38話ー調教してあげる!!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺の婚約者、滋登場!!~
花より男子 第39話ー魔のトライアングルーのあらすじ・ネタバレ・感想~滋からのお願い~
花より男子 第40話ー恋の引き際・分岐点ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺とつくしの仲がついに終わり?~
花より男子 第41話ー新しい日々の始まりーのあらすじ・ネタバレ・感想~つくしの新しい日々にも滋が・・・?~
花より男子 第42話ーバッタリ!Wデートーのあらすじ・ネタバレ・感想~滋の余計な提案に、またつくしは苦労する?~
花より男子 第43話ー心の傷は深くて重いーのあらすじ・ネタバレ・感想~大河原家の別荘での一夜~
花より男子 第44話ーおまえじゃダメだ!ーのあらすじ・ネタバレ・感想~道明寺の滋に対する謝罪~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP