「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第104話のあらすじ・ネタバレ・感想~喪黒鮫から喪黒ダコに~ | VODの殿堂

アニメ

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第104話のあらすじ・ネタバレ・感想~喪黒鮫から喪黒ダコに~

   
 

タイトル:「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第104話
放送局:TBS系列
キャスト:大平透、沼田祐介など
視聴したVOD:dTV(2018年7月31日まで視聴可)

タヒチが大好きな尾宅を、喪黒はタヒチを再現した“パペーテ”というクラブへ連れて行きます。
そこで働いているマリーに恋をしてしまう尾宅に、喪黒はマリーと会うのはこの店だけにしなさい、と忠告します。
しかし、マリーを海水浴に連れ出してしまう尾宅・・・どうなるのでしょうか?

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第104話のあらすじです。

『笑ゥせぇるすまん』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月26日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第104話 夢の楽園

タヒチに夢中な男

フリーターの尾宅秀夫(おたくひでお・23歳)は、レンタルビデオ店でタヒチが舞台の映画を観ている。
喪黒が「ずいぶん昔の映画に興味がおありなんですねぇ?」と声をかける。

向かいの棚から喪黒が見ている。
尾宅は「いやぁ、僕は映画というよりタヒチに夢中なだけです」と照れながら言う。
「それは結構なご趣味ですな、タヒチと言えば『チコと鮫』ご覧になりましたか?」と聞く喪黒。
尾宅は「もちろん、何回観たかわかりません」と嬉しそうに答える。
「じゃ、『バウンティ号の反乱』は?」と聞く喪黒。
尾宅は「マーロン・ブランドでしょ?」と言う。
「その前にクラーク・ゲーブルがやった『モノクロ』ご存知ですかぁ?」と聞く。
尾宅は驚いて「ええ?そんなのがあるんですか?制作会社は?何年の作品ですか?」と必死で聞く。
喪黒は「オーッホッホ、あなたと話してると実に楽しいですなぁ、ちょっとお宅にお邪魔してもよろしいですか?」と聞く。
「え?あなた、この店の人じゃないんですか?」と驚く。
喪黒は名刺を差し出し「申し遅れましたが、私セールスマンです」と言う。

尾宅の部屋へ来た喪黒。

喪黒は「おぅおぅ、なかなか大したコレクションですなぁ。おお!ゴーギャンですな」と部屋を見回す。

尾宅は「もちろん、複製ですけどね。僕はゴーギャンの絵を見たのがきっかけで、タヒチが好きになったんです。いつかタヒチに住んで、こんな素敵な人と恋をしてみたいと思ってるんですよ」と話す。
「そんなにタヒチがお好きなんですか?」と聞く喪黒。
尾宅は「ええ、そのために貯金してるんですがフリーターの稼ぎではなかなか」と頭をかく。
喪黒は「それでしたら、私にお任せ下さい。夢のタヒチへご案内致しましょ」と言ってレイを尾宅の首にかける。

本物のタヒチが体感できる?

尾宅は「あなた、旅行会社のセールスマンなんですか?」と聞く。
「いえいえ、あなたのような方の心の隙間をお埋めすることが、私の仕事なんです。とにかく“パペーテ”に行きましょう」と言って外へ出る喪黒。
尾宅は喪黒について行き「“パペーテ”と言えば、タヒチの首都じゃありませんか」と言う。
喪黒は「さぁすが、よくご存じで。“パペーテ”というクラブなんですが、これが実に本場の雰囲気を出してるんですよ」と路地裏に入って行く。
ドアを開けて「さぁ、どうぞ」と言う。

中に入ると、正にタヒチの真っ赤な夕暮れ時だった。
「ここは・・・?わぁーすごい!」と感激する尾宅。
足元に、本物の波が来ているような気がして、思わず足を上げる。
喪黒が「ご安心下さい。これは立体映像ですから、濡れませんよ。バーチャルリアリティー、このクラブ“パペーテ”はコンピューターによって仮想空間を作り出しているんです」と説明する。
「へぇー」と、ただただ感心する尾宅。
景色を見ながら「本当に素晴らしいお店ですね。これはもう本物のタヒチの海辺と変わらないですよ」と言う尾宅。

その時、「イラッシャイマセ」とゴーギャンの絵から出てきたようなタヒチの美女が、果物を持って来る。
「ああ!」と、尾宅はたちまち顔を赤くして見入ってしまう。
喪黒が横から「ウーッフッフ、どうやら彼女、気に入ったようですな?この、この」と肘で尾宅をつつく。
マリーというその女性が「ナニヲコソコソ、ハナシテルノ?」と聞く。
喪黒がすかさず「彼があなたにぞっこんなんだそうです」と言う。
マリーは、尾宅に抱きつき「マァウレシイ、スゴイテレヤサンナノネ。カワイー」と言う。
尾宅は「へへ」と嬉しそうに笑う。

フランス語で“ジュテーム”って

バー“魔の巣”に来た喪黒と尾宅。
喪黒は「満足されましたか?よかったら時々ご利用下さい。あなたの支払いは、私のツケにするように言ってありますから」と言う。
「え?そこまでして頂いては」と恐縮する尾宅。
喪黒は「遠慮なさらなくて良いのです。ただし!彼女との付き合いは、店の中だけにして下さい。いいですね」と言う。
「わかってますよ、大体僕なんかが誘っても相手にしてくれませんよ」と言う尾宅。

喪黒は、カバンからマリーの絵画を取り出し「それでは、これをプレゼントしましょ」と言う。

「うわぁ!素晴らしい。いいんですか?こんな高そうなもの頂いて」と言う。
喪黒は「はい、せいぜい大事にして下さいねぇ」と言う。

それから尾宅とマリーは一緒に踊ったり海に潜ったりして、どんどん仲良くなる。
ある時、マリーが「ジュテーム、ジュテーム」とささやく。
「それ、タヒチ語かい?」と聞く尾宅。
マリーは「イイエ、フランスゴヨ。タヒチガ、フランスノ ショクミンチダッタコトハ ゴゾンジデショ?」と言う。
「そうだったね、フランス語でジュテームって・・・『愛してる』と言う意味だったよね?」と大声で聞く尾宅。
マリーは「ウイ」と答える。
「愛してるって?ほんとかい?僕を?」と半信半疑で聞く。

2人は、夜の海に入り魚たちと一緒に泳いだり、キスをしたり夢のようなひと時を過ごす。

尾宅は、部屋で旅の本を見ていて湘南に“タヒチランド”というのが出来たことを知る。
「『まるで本物のタヒチに来たような、美しい海岸を作りました』か・・・。」と読み上げ、ヘラヘラと笑う尾宅。

マリーの顔が!

クラブ“パペーテ”の海で「ねぇ、2人で本物の海に行ってみないかい?」と聞く尾宅。
マリーは「エ?ホンモノノウミ?」と言う。
尾宅は「こんな夜の海ばかりじゃなくて、明るい太陽の下で君と会いたいんだ」と言う。
「ホント?ステキネ、ワタシモイキタイワ」と答えるマリー。
尾宅は「それじゃ、今度の休みにきっとだよ」と嬉しそうに言う。
遠くから見ている喪黒。

湘南の海岸で、寝そべる尾宅とマリー。

隣のマリーを見て(ん~~しあわせ~)と思う尾宅。
しかし、真夏の太陽に照らされ、マリーは異様なほど汗をかいている。
マリーとダイビングをしていると、鮫が寄って来る。
「ああ!」と2人が驚いていると、鮫の顔が喪黒に変わる。
喪黒鮫が「あなたは、私の忠告を守りませんでしたねぇ」と言う。

尾宅は「僕は彼女を真剣に愛してしまったんです。それがいけないことなんですか?」と開き直る。

喪黒鮫から喪黒ダコに変わり「それなら仕方ありませんねぇ。しかし、とんでもないことになりますよぉ。ドーーーーン」と指をさす。

「うわぁ!」と飛び起きる尾宅。
「はぁ~夢だったのか?」と言って、隣を見るとマリーがいない。
「マリー、マリー」と必死で呼ぶ。
海の方から「秀夫さ~ん、秀夫さん、起きたの?」とマリーの声がする。
「マリー、よかった~。変な夢を見ちゃって・・・。」と頭をかきながらマリーの足元を見る。
マリーの体から、赤や青、茶色の液体が流れ落ちている。

ビックリして恐る恐る見上げていくと・・・?

マリーの顔は、絵の具がどんどん剥げていったような色のない顔になっていた。

「ぎゃーーーっ」と悲鳴をあげる尾宅。

それを見ていた喪黒は「私の忠告を守っていれば、彼はずっと楽しい夢を見続けていられたのに。夜に咲く花は、真夏の強烈な陽の光に耐えられるはずないですからねぇ。オーッホッホッホ」と笑う。

感想

バーチャルリアリティーで、日本にいながらにして本物のタヒチを体感できるなんて、素晴らしいですね。
ゲーム機にみたいな機械もつけなくていいのが、よりリアルでいいなぁと思いました。
クラブの営業時間しか利用できないから、いつも夕暮れ時から深夜のタヒチしか行けないってことのようです。
それが、尾宅さんには物足りなかったんですね。
湘南の輝く太陽の下で、マリーと泳ぎたかったという、その気持ちはわからなくもないけど、そこは喪黒さんと約束したんだから、守ればよかったのにと思います。
でも、初めて喪黒さんに出会った人ばかりですから、約束を破ったらどんなに悲惨な目に遭わさせるかってことを知らないんです。
だから、一回ぐらい約束を破って、何が悪いんだぐらいに考えているんでしょうね。
それが、喪黒さんのねらいかもしれないんですけどね。
マリーさんは、実在の人間じゃなかったみたいです。
喪黒さんが、バー“魔の巣”で渡した絵のマリーさんが抜け出てきたような気がします。
やっぱり尾宅さんは、生身の人間だし若い男です。
それで満足しろって言うのは、酷だと思います。
この先、結婚もして親を安心させたいだろうしねぇ。
絵のマリーさんとじゃ、普通の家庭は築けませんから。
さて次回は、毎日社長業に追われて疲れ果てた男のお話です。
そんな男に喪黒は、社長だけが入園できる幼稚園を紹介します。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP