「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第102話のあらすじ・ネタバレ・感想~キノコにハマった割井さん | VODの殿堂

アニメ

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第102話のあらすじ・ネタバレ・感想~キノコにハマった割井さん

   
 

タイトル:「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第102話
放送局:TBS系列
キャスト:大平透、江原正士など
視聴したVOD:dTV(2018年7月31日まで視聴可)

サラリーマンの割井は、会社の健康診断で肝硬変の疑いがあると言われ、お酒を止められてしまいます。
そんな割井に、喪黒は万病に効くと言われるキノコのエキスを渡します。
これを飲んですっかり元気になった割井は、1ヶ月分を1週間で飲んでしまったのですが、大丈夫でしょうか?

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第102話のあらすじです。

『笑ゥせぇるすまん』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月26日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第102話 スタミナ茸

コーラで我慢

サラリーマンの割井肝造(わるいかんぞう・49歳)は、会社の健康診断で肝機能のデータがかなり悪いと診断される。

医者から「割井さん、肝硬変の疑いがあります。肝臓に悪いものは厳禁ですよ。過労には気をつけ、お酒は控えて下さい」と、言われる。
会社が終わり、屋上に上がって酒が飲めないつらさを、コーラで紛らわしている割井。
「はぁ~、いい大人がコーラなんて・・・。」とつぶやく。

するといきなり、酒が目の前に現れ「だったらお酒になさい。オーッホッホ」と喪黒が来る。
「あなたは?」と聞く割井。
喪黒は名刺を渡し「私こういう者です。どうやらあなたの心は隙間だらけのようですなぁ」と酒を飲む喪黒。
「そ、そんなこと」と慌てる割井。
喪黒は「ボランティアでその隙間をお埋めすることが、私の仕事です。よろしかったら、ご事情聞かせて下さい」と言う。

バー“魔の巣”へ来た2人。

割井は「実は会社の健診で引っかかりまして・・・。それまでは、健康そのもの。会社の課長として仕事をバリバリやって、ゴルフやマージャンまで、実に精力的にこなしてきました。それがある日突然、過労の原因になるゴルフ、睡眠不足になるマージャン、そして何より肝臓に悪いお酒・・・が厳禁となったわけです」と話す。

人生は1度きり

「そりゃ、お気の毒に」と言う喪黒。
割井は「自覚症状もなく以前と変わらないのに、節制しないといけないなんて」と落ち込む。
喪黒は「しかし、ご家族は喜んでるんじゃないんですか?お父さんが早く帰って来て」と聞く。

「ええ、確かにそうですが、妻は『食後の安静が大事なんだから早く寝ろ』とうるさいんです。今まで午前様だったのに、そんなに早く寝れませんよ」と言って、コーヒーを飲む割井。
喪黒は「なるほど。人生なんて限られたものですからねぇ、生きてるうちに面白おかしく過ごさないといけません。どうです?以前のような生活に戻したらいかがですか?さもないとストレスがたまって、却って体によくありませんよ」と言う。
「しかし、そうは言っても命は惜しいし」と言う割井。

喪黒は「いいものを差し上げましょう。万病に効くと言われ、モリモリとスタミナがつくキノコのエキスです。奥飛騨の深山でだけ採れる大変珍しいものです。お試し下さい」と瓶を差し出す。
割井は「こんなものが?」と疑う。
「まぁ、騙されたと思って、このエキスを毎日服用して下さいな。ただし、ひと月でこれ1本。適量は必ず守って下さいね」と言う喪黒。

つえー味方

接待で料亭にきた割井。
取引先の社長に酒を勧められ「ちょっと失礼します」とトイレに入る。
喪黒からもらった瓶を出し「大事な取引だし、飲まないわけにはいかない・・・よし!」と、エキスをひと口飲む。

すると、力がみなぎってくる感じがする。
鼻息荒く酒の席に戻るが、いくら飲んでも全く平気で取引先の社長がダウンして取引成立。
それからは、仕事はもちろんゴルフにマージャン、飲み会まで以前と変わらない、いやそれ以上に精力的にこなす割井。
午前様で「帰ったぞー」と家に入る。
「あなた、肝臓が悪いのに」と怒る妻。
割井は「うるさぁい、俺の体は俺が一番わかってる」と、サッサと自分の部屋へ行く。

そしてまた、エキスを飲んで「“俺にゃあ生涯てめえというつえー味方があったのだー”なんてな。このキノコは俺にピッタリ合ってるぞ!アハハハハ」とご機嫌な割井。
その様子を見ている喪黒。

その後、ことあるごとにエキスを飲み、1週間で全部飲み切り、底にあったキノコまで食べてしまう。
バー“魔の巣”で喪黒に「やむを得ずうっかりキノコを切らせてしまって、今月だけでも追加して頂けませんか?これがないと仕事を続ける自信がありません」と言う割井。
喪黒は「これは、1ヶ月分です。適量以上服用すると危険です。来月まで我慢して下さい」と答える。

やばい展開

帰り道、割井は「明日からどうしよう。あのエキスがないと、どうすることもできない」と途方に暮れる。
喪黒の言葉を思い出す。
“このキノコは奥飛騨の深山だけで採れるのです”

翌日、休みを取って奥飛騨へ向かう割井。

あっちこっちで道を尋ね、どんどん山奥へ入って行く。
「キノコ、キノコ・・・キノコは一体どこだ!」
“危険!”“立ち入り禁止”という札も無視して、何かに憑りつかれたように必死でキノコを探す。

「あ!あった!これだ、間違いない」と見つけたとたん、採って食べる割井。

その頃、家では割井の妻が「パパの病気、誤診だったのよ」と娘に話している。
娘が「え?ほんと?」と聞く。
「撮影ミスで影が出来てたんですって、お医者さん平謝りだったわ」と言う妻。
娘が「ママ、しばらくパパには言わない方がいいんじゃない?」と言う。
妻は「そうねぇ、ブレーキをかけておかないと、本当に体悪くしちゃうもんねぇ」と言う。

そして、奥飛騨の山奥では・・・。
キノコと一体化した割井の姿があった。

遠くから見ている喪黒は「ちょっとしたミスで健康な人と病人の見分けがつかないなんて、本当に怖ろしいですね~。食べられるキノコとそうでないキノコの見分けも結構ムツカシイんですよ。くれぐれもご注意を。オーッホッホッホ」と笑う。

感想

これまでにも、何かと一体化した話はありましたが、一番気持ち悪かったです。
見ようによっては、ディズニーランドにいそうですが・・・。
やっぱりこういう得体の知れない、謎の液体には手を出さない方がいいみたいですね。
ハマってしまったら最後、抜け出せなくなりそうです。
ギャンブルや麻薬みたいなものでしょうか。
キノコを見つけてその場で食べてしまうほど、禁断症状が出ていたんですね。
怖ろしい、たった1週間でそこまでハマるとは。
食べてしまったキノコは、生で食べて良かったんでしょうか?
生で食べたから、キノコ人間になってしまったのかもわかりませんね。
そもそもお医者さんの誤診から始まった話ですが、お医者さんの言葉って本当に重要です。
今までの生活を180度変えなくてはいけないんですから、そこのところは、本当に慎重にやってほしいですよね。
誤診のおかげで節制したまでは良かったのに、喪黒さんのお節介でキノコ人間になってしまった割井さん、徐々にこの魔法が解ける方向にいけばいいですけど。
そうしないと、パパの体を心配していた娘さんがあまりにも可哀そうです。
次回は、家が会社から遠いため、4時間もかけて通勤している男のお話です。
喪黒は男のために、会社まで徒歩5分のマンションを用意するのですが、どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP