「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第91話のあらすじ・ネタバレ・感想~喪黒さんも脱帽の夢見さん~ | VODの殿堂

アニメ

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第91話のあらすじ・ネタバレ・感想~喪黒さんも脱帽の夢見さん~

   
 

タイトル:「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第91話
放送局:TBS系列
キャスト:大平透、高木渉など
視聴したVOD:dTV(2018年7月31日まで視聴可)

イラストレーターの夢見は、歩道橋から見える看板の外国人女性リンダが好きになり、彼女の絵を描きたいと考えます。
そんな夢見に、喪黒は「彼女と会わせてあげる」と約束をしてくれます。
リンダと楽しい時間を過ごした夢見は、喪黒に「もう一度だけ会わせてほしい」と頼むのですが、どうなるのでしょうか?

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第91話のあらすじです。

『笑ゥせぇるすまん』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月26日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第91話 看板ガール

まさか彼女が家に?

イラストレーターの夢見憧太(ゆめみどうた・23歳)は、毎晩近所の歩道橋から見える看板を見に行っている。
その看板は、栄養ドリンクの宣伝で、外国人女性リンダというタレントの写真が起用されている。

「やぁ、君は本当にチャーミングだなぁ。君みたいなギャルとお付き合いしたいなぁ」とひとり言を言う。
すると、後ろからいきなり喪黒が「『あの子とお付き合いしたぁい』と、思ってるんでしょ?でしょ?」と言ってくる。
夢見は「失敬な、僕はイラストレーターなんです。あの子をモデルに絵を描きたいだけです」と怒る。
喪黒は「オーッホッホ、それなら私が彼女に会わせて差し上げますよ」と言う。
「ええ?」と驚く夢見。
喪黒は名刺を渡し「私こういう者です。あなたのような心に隙間がある方を、ボランティアでお助けしています」と話す。
「あなたに、そんなこと出来るんですか?」と半信半疑の夢見。
喪黒は「私は嘘をついたことのない男です。必ずあの美女と会わせてあげます。せいぜい英会話を勉強しておくんですな。オーッホッホッホ」と去っていく。

夢見は、家でテレビを見て英会話を勉強してみるが、なかなか発音がうまくいかない。
「ええい、チクショウ!あのおっさん、看板の子と会わせてくれるなんてよく言うよ。英会話なんてやったってムダだぁ」と寝転ぶ。
その時、ドアをノックする音がして「開いてますよー」と言う夢見。
「ハ~イ!」と看板の女性、リンダが入って来る。

リンダ、マイラブ

夢見は「ああ~君は!えっと、あの、あの」と言う。

リンダは「ノン、ノン、ワタシ、ニホンゴデキマ~ス。ミスターモグロニ、イワレテ キマシタ。リンダデス。ソレヨリ、ワタシヲ、カイテクダサ~イ」とポーズを決める。

夢見は「お~、リンダ、リンダ、リンダ~」と夢中で何枚もリンダの絵を描く。
「ヒトヤスミ、シマショウカ?ワタシ、オサケ モッテキマシタ」と日本酒を出すリンダ。
それから2人で酒盛りをして、ブレイクダンスやどじょうすくいを踊って楽しい時間を過ごす。
「リンダ、愛してるよ」「ユメミサン、ウレシイワ」と言ってキスをする2人。
その時、地震が起こり棚の上から、デッサン用の石膏像が落ちて夢見の頭に当たる。
気を失って、気が付くとリンダはいなかった。
どうやら酒盛りの途中で寝てしまって、キスをしたのは夢だったようだ。
しかし、大量のデッサンを見て「ここに来てくれたのは事実だ。リンダ、リンダ、リンダー、マイラブ」と叫ぶ。
そこへ編集の鬼田が来て「リンダってのは誰だ?夢見、原稿はとっくに出来てるんだろうな?」と言う。
「すみません、それが・・・。」と謝ろうとする夢見。

鬼田が夢見のデッサンを見て「こ、これは実に素晴らしい!今週号の扉に使えるぞ」と驚いている。

歩道橋から看板を見つめる夢見。
「リンダ、君と過ごしたあの一夜、楽しかったよ。リンダ、君は一体どこへ行ってしまったんだ?」と叫ぶ。
「私ならここです」と、喪黒が現れる。

変わり身が早い夢見

バー“魔の巣”に来た2人。
夢見は嬉しそうに「今度、彼女をモチーフにしたイラストが、コミック誌の表紙を飾ることになりました。何もかも喪黒さんのお陰です」と頭を下げる。
喪黒は「あなたの実力ですよ」と言う。

「ところで、またお願いがあるんです。リンダにもう一度会わせてほしいんです」と、手を合わせる夢見。
喪黒は「それはダメです。これ以上会うとあなたは彼女に、よこしまな気持ちを持つに決まってますからねぇ」と断る。
「いや、絶対にそんな気は起こしませんから、お願いします。お願いします」と土下座をする夢見。
喪黒は「しょうのない人ですねぇ。わかりました。しかし、絶対によこしまな気持ちを起こしてはいけませんよ」と念を押す。

それから3日後、やっとリンダが家に来る。
「ゴメンナサイ、ナカナカコレナクテ」と言うリンダ。
夢見は「とんでもない、来てくれただけで嬉しいよ」と喜ぶ。
リンダは、上着を脱ぎ「サ、ワタシヲ カイテ クダサイ 」とポーズを決める。

それを見ただけで興奮した夢見は「リンダー!」と、リンダに抱きついて押し倒す。
リンダは、石膏像を夢見にぶつけ「ナニヲ スルンデスカー、アナタガ コンナヤバンナヒトトハ オモイマセンデシタ。サヨナラ!」と言って出て行く。
「リンダ・・・。」と呼ぶ夢見。

喪黒も呆れる

雨の中、歩道橋へ行くと、看板がリンダから日本人のタレントに替わっていた。
「リンダ、リンダ、君はどこへ行ってしまったんだ!?」と嘆く。
喪黒が来て「リンダは、もう戻りませんよ。私の忠告を聞かないからこうなるんです。もう諦めるんですな」と行こうとする。
夢見は「喪黒さん、待って下さい!リンダはもう諦めます。今度はあの新しい看板の子に会わせて下さい。お願いです」と土下座する。

「あじゃー」と、ひっくり返る喪黒。
喪黒は倒れたまま「全く懲りない人ですねぇ、呆れました。こうなった以上、あなたはいつまでもあの子と一緒にいなさーい。ドーーーーン」と指をさす。

看板の下で鬼田が、自販機のタバコを買っている。
看板を見上げて「面白い看板だな」と言って立ち去る。

そこには、新しく看板に起用された女の子に殴られている夢見が一緒に映っている。
夢見は看板の中に入り込んでしまったのだ。

看板を見ながら喪黒は「これで夢見さんは、ずっと彼女と一緒にいられるというもんです。しかし、私には最近の若者の気持ちはわかりませんねぇ。私なんか失恋した時は、一週間もご飯がのどを通らなかったもんですよ。オーッホッホッホ」と笑う。

感想

夢見さんは、看板に入ってしまいました。
もう出て来れないんでしょうか。
だとしたら、まだ若いのにお気の毒ですね。
打たれ強い性格なのに、もっと普通の人を好きになっていればうまくいったかもしれないのに。
看板に恋をしてしまう人、すなわち容姿しか見てないんです。
そして、高望みをしてしまうタイプなんだと思います。
そこら辺の人には目もくれないで、看板になるほどの有名人を恋愛の対象にしてしまってるんです。
だから、喪黒さんも最後は呆れて、ひっくり返ったんでしょう。
しかも、今まで憧れていただけの存在が、部屋に来てくれたことで、どうにかなると思っているところが、呆れるどころか逆にあっぱれですよ。
執着していた相手が、ダメだとわかった瞬間、「じゃ次お願いします」的な、変わり身が早い、図太い証拠です。
図太いということは、ストレスを受けにくいでしょうから、いつか喪黒さんが看板からの封印を解いてくれたら、今度こそは自己中心的な考えは捨てて、人の痛みが理解できる大人の男になってほしいですね。
でも、新しい看板の子にも、拒否されていますね。
こんなカッコ悪い場面で封印されたなんて、鬼田さんじゃないけどほんと面白いです。
次回は、同僚の女子社員に好意を寄せる男のお話です。
喪黒は、いつもフラれる男を秘密のクラブに招待しますが、どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP