「ちはやふる2」第14話のあらすじ・ネタバレ・感想〜勉を助ける物~ | VODの殿堂

アニメ

「ちはやふる2」第14話のあらすじ・ネタバレ・感想〜勉を助ける物~

   
 

タイトル:「ちはやふる2」第14話
放送局:日本テレビ系列
アニメーション制作:マッドハウス
キャスト:綾瀬千早・瀬戸麻沙美/真島太一・宮野真守(幼少期:高垣彩陽)/綿谷新・細谷佳正(幼少期:寺崎裕香)/大江奏・茅野愛衣/西田優征・奈良徹/駒野勉・代永翼/花野菫・潘めぐみ/筑波秋博・入野自由/若宮詩暢・中道美穂子/周防久志・東地宏樹/原田秀雄・石塚運昇
視聴したVOD:hulu(2019年9月18日時点では視聴可)

選手全員の想いが錯綜して、どちらが勝ってもおかしくない状態です!

めぐむの魂に火をつけた千早は、このまま勝ち切ることが出来るのでしょうか!?
そして、最後にチームを救うのは勉。
勉はなぜ勝つことが出来たのでしょうか?

『ちはやふる2 』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年11月1日(金)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

団体戦はお遊戯

新たちが反省文を書く控室で、詩暢はかるたの札を読み上げていた。
息もつかず一気に読み上げる様子は異様で、藤岡西の選手は恐れおののく。

そこへやってきたのは、渋滞で遅れていた藤岡西の顧問ともう一人のメンバーだ。
どうせ間に合わないからと、牛丼まで食べてきたらしく、正司は呆れてしまう。
詩暢がいることに気が付くと、「本物だ~。」と興奮する藤岡西の生徒。

顧問の先生は、「下で結果見てきたけど、京都代表の翔躍高校残念やったな~。」と声をかける。
翔躍高校は、詩暢の通う高校なのだ。
「まあ、残念やわ~。応援しに行けばよかった。」と心にもないことを言う詩暢。

「瑞沢、瑞沢勝ってるんですか!?」と興奮する新。
準決勝へ進んだことを知り、「勝ってる・・・頑張ってる・・・太一、千早。」と二人を想う。

「団体戦っていいな~。レクリエーションみたいや。かるたのおて、みんなで何かするんが楽しいんや。」と言い放ち、周囲を凍り付かせる詩暢。

詩暢は、暇つぶしに手合わせをしないかと、新に持ち掛ける。
「今日は団体戦の日や。」と断ると、「それは、失礼しましたな。」と引き下がる。
詩暢にとって、試合さえ暇つぶし。
「強すぎて・・・。」
そんな風に思う新だった。

ゆーちゃんの勢いは止まらない

観客が皆、瑞沢の試合を見ていることを不思議に思った菫が北央の方へ目を向けると、既に3敗し敗退が決まっていた。
「な、なんだと~。」と怒りをあらわにする須藤。
今年の富士崎は、評判以上に強く、圧倒的だった。

ぽっと出の瑞沢高校が、ここまで良い試合をしていることに、益岡先生は驚いていた。
ふと、新が見たがっていたのは瑞沢高校なのではないかと思い立った。
「だとしたらもう遅い。終盤だ・・・。」と呟く益岡先生。

西田は、対戦相手のゆーちゃんにてこずっていた。
女子とはモメたくないが、男子並みに勢いのあるゆーちゃんに完全に苦手意識を持ってしまっている。
「めぐむ、あんたもライバル。」
ゆーちゃんは、そんな風に考えていた。
そして西田に対し、「あんたはめぐむより弱い!」と気迫で迫り、最後の1枚を取ることに成功する。
「よし!勝ったよ!明石第一女子1勝!」と叫ぶゆーちゃん。

またもや大事な局面で負けてしまった西田。
「何やってるの!西田先輩!も~肉まん先輩って呼ぶ。決定!」と、菫は呆れる。
明石第一女子のメンバーは喜ぶが、めぐむだけは下を向いていた。
ゆーちゃんに先を越されたことを悔しいと感じていたのだ。

かるたをするために生れてきたような名前

「おうさかめぐむ」という名前に使われている文字は、かるたの1字決まりの文字ばかりだった。
そういった札は、大抵本人の得意札となる。
だが千早は、めぐむの得意な、自分の名前にちなんだ札を素早く払っていく。

ついに奏が1勝し、西田の負けを取り戻す。
審判をしている村尾は、「いいチームやな~。」と感じていた。

場に残っている札は6枚。
しかし、読まれていない札は18枚もあり、まだ勝負はわからない。
札を正確に把握している太一だが、相手はから札に気が付かず、お手付きをしてしまう。
太一はあと1枚で勝利だ。

得意札の「す」も「む」も取られてしまっためぐむは、ふと千早の名前を思い返した。
次の瞬間、「ちはやふる」の札が読まれると、めぐむが取得。
当然、全員が取ったと思われたが、千早が取り逃したことに驚きを隠せない瑞沢高校。
「すとむのお返しや・・・。」とめぐむも負けていなかった。
「これが、クイーンを目指すものの戦い・・・。」と、山口美丘の中山も興奮気味だ。

詩暢ちゃんを一人にしちゃいけない

「めぐむちゃん、頑張ろうね。これ以上詩暢ちゃんを一人にしちゃいけない!」
そんな強い想いでラストスパートをかける千早。

急に、控室室にいた詩暢が、顔を上げる。
「どうしたんや?詩暢ちゃん?」と声をかける新に、「呼ばれた気がして・・・。」と戸惑う詩暢。
「しのぶれど・・・やろうか・・・。」と、自分の名前の入った札を思い描く。

「しのぶれど」の札で勝負は決まった。
「千早ちゃん、どんなに悔しくても礼を欠いちゃいけないよ。」と言った原田先生の言葉がこだまする。
「ありがとうございました・・・。」と挨拶をすると、その場に崩れ落ちそうになる千早。
太一はその腕をつかみ、勉の方を向かせるのだった。

勉の運命戦

ハッとしたように勉の方を見ると、運命戦に突入していた。
太一が勝利し、瑞沢と明石第一女子は2対2の同点。
勉の試合に勝利がかかっていた。

菫は、自分の勝負にチームの勝敗がかかっているなんて、絶対に嫌だと思っていた。
試合はきついし、プレッシャーも大きい。
勉もそんな風に言っていたのだ。
だが今彼は、一番矢面に立たされていた。

から札が続き、何度も見送る。
勉は、千早の様に立ち上がり、集中力を高めていった。
「机君、わかっているか?もうから札はない・・・。」と呟く太一。
勉は、「僕を助ける物は・・・。」と呟くと、敵陣に手を伸ばした。

読まれた札は敵陣の札。
勉は1枚差で勝利し、瑞沢高校を決勝へと導いた。

めぐむの団体戦は終わり・・・

めぐむの、部活としてのかるたは終了してしまった。
だがこの後、クイーン戦を賭けた戦いが待っている。

めぐむの涙を撮ろうとカメラを構えている写真部男子。
彼らの方を振り向いためぐむは、3人に近づくと「データ、全部頂戴!」と言い出す。

てっきりデータを消されると思った3人はびっくりしてしまう。
だがめぐむが持ち去ったのは、SDカードではなく、電池パックだった。

運命戦のジンクス

試合終了後、早速富士崎との試合に向けた作戦会議を開く勉。
千早は、「何であの札がくるってわかったの??」と勉に食い下がる。
勉のデータによると、運命戦になった時、ほんの少しだけ「あ」の札が読まれる確率が高いというのだ。

それを聞き、「聞いたことある!!」と思う太一と西田。
実は運命戦には様々なジンクスがあり、かるたを長年やっていると、そんな話が耳に入るのだ。
だが勉は、かるたを始めてたったの1年3ヶ月だ。
しかも、自分の積み上げたデータから、自分自身でジンクスにたどり着いていた。

自分のデータは自分自身、そしてチームの皆を助ける。
勉はそんな風に思っていた。
西田は、勉の中で着実にかるたが積みあがっていることを実感していた。

奏がスタメンから外れる?

めぐむに僅差で負けて悔しい千早は、自分の手のひらに爪の跡が出来るほど、握りしめていた。
その手を太一にほどかれ、「力を抜け・・・決勝戦だ!」と切り替える。

筑波は宮内先生に耳打ちし、奏の代わりに自分をメンバーに加えるよう言って欲しいと言い出す。
「また、目立ちたいだけでしょ!」とたしなめられるが、「目立ちたいとかじゃない。でも、僕だっているんですよ!」と諦めない。

奏は、「そんなに疲れて見えますか?へっちゃらですよ。次も出ますよ!」と笑顔で返す。
だがすぐに、「嘘です・・・。筑波君、勝ってきて。」と辛そうな顔をするのだった。

感想

勉のことを助けた物は、勉自身が積み上げてきたデータでしたね。
西田は、データばかり取っている勉にもどかしさを感じていましたが、勉の方法も一つのかるたなんだという事に気が付いたと思います。

千早が負けてしまったのはちょっと悔しいのですが、大体予想通り瑞沢高校が勝ちました。
てゆーか千早、自分の勝負が終わった瞬間「終わった・・・。」って思いましたよね(笑。
自分以外をあまり見ていないので千早らしいと言えばそうですが、勉のことも忘れないで~。
予選と決勝1回戦目は出ず、いきなり出場した準決勝の大一番。
ものすごいプレッシャーの中で勝った勉は凄いと思います。
1年前、「どうせ数合わせなんだ!」なんて拗ねていた勉に比べ、何倍も、何十倍も成長しましたね。
勉自身が勝ち星を上げなかったとしても、勉のデータのおかげで他のメンバー勝てることが何度もあったと思います。
もはや、いなくてはならぬ存在です。

奏はどうしちゃったのでしょうか。
筑波は多分、本当に奏の体力が心配なのでしょう。
さっきの試合を見て、だいぶ改心している様子でしたからね。
単に目立ちたいわけではないと思いたいですが・・・。
決勝戦こそ、初期の5人で戦い抜いて欲しいのに・・・。
奏は何で筑波に譲ってしまったのでしょうか?

ちはやふるシリーズを見るならhuluがオススメ!

配信中のシリーズ
・ちはやふる(全25話)
・ちはやふる2(全25話)
・ちはやふる-上の句-(映画)
・ちはやふる-下の句-(映画)
・ちはやふる-結び-(映画)
・ちはやふる-繋ぐ-(スピンオフドラマ)

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額933円(税抜)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「ちはやふる2」第4話のあらすじ・ネタバレ・感想〜1人でも強くなりたい~
「ちはやふる2」第5話のあらすじ・ネタバレ・感想〜強い北央学園を見せつけろ~
「ちはやふる2」第6話のあらすじ・ネタバレ・感想〜4人同時に運命戦~
「ちはやふる2」第7話のあらすじ・ネタバレ・感想〜かるたをしていれば大丈夫~
「ちはやふる2」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想〜これが私たちのかるた~
「ちはやふる2」第9話のあらすじ・ネタバレ・感想〜団体戦への思い~
「ちはやふる2」第10話のあらすじ・ネタバレ・感想〜クイズとかるた~
「ちはやふる2」第11話のあらすじ・ネタバレ・感想〜選手でいてほしい~
「ちはやふる2」第12話のあらすじ・ネタバレ・感想〜友達をクイーンに!~
「ちはやふる2」第13話のあらすじ・ネタバレ・感想〜クイーンに挑戦するのは私~
「ちはやふる2」第15話のあらすじ・ネタバレ・感想〜団体戦で勝つ方が難しい!~
「ちはやふる2」第16話のあらすじ・ネタバレ・感想〜全国大会決勝戦への道のり~
「ちはやふる2」第17話のあらすじ・ネタバレ・感想〜絶対音感~
「ちはやふる2」第18話のあらすじ・ネタバレ・感想〜かるたを盛り上げるのはチーム~
「ちはやふる2」第19話のあらすじ・ネタバレ・感想〜太一に運を!~
「ちはやふる2」第20話のあらすじ・ネタバレ・感想〜ドクターストップ~
「ちはやふる2」第21話のあらすじ・ネタバレ・感想〜左手で勝ち進む~
「ちはやふる2」第22話のあらすじ・ネタバレ・感想〜2度目の対戦~
「ちはやふる2」第23話のあらすじ・ネタバレ・感想〜決勝戦~
「ちはやふる2」第24話のあらすじ・ネタバレ・感想〜ちはやぶる~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP