orange LETTER09のあらすじ・ネタバレ・感想~いよいよ体育祭!~ | VODの殿堂

アニメ

orange LETTER09のあらすじ・ネタバレ・感想~いよいよ体育祭!~

   
 

タイトル:orange LETTER09
放送局:AT-X
声優:高宮菜穂・花澤香菜
成瀬翔・山下誠一郎
須和弘人・古川慎
村坂あずさ・高森奈津美
茅野貴子・衣川里佳
萩田朔・興津和幸
上田莉緒・佐倉綾音
菜穂の父親・坪井智浩
菜穂の母親・井上喜久子
翔の祖母・高島雅羅
弘人の父親・広田みのる
弘人の母親・浅野真澄
閲覧したVOD:U-NEXT(2018年6月28日までは視聴可)

翔がリレーのアンカーに選ばれます。
しかし手紙にはメンバーから外してほしいという指示が綴られていました。
翔を心配した菜穂と弘人は、辞退するように勧めます。
この状況を見たあずさと貴子は、自分がリレーに立候補しました。
翔とリレーに出たいと思った菜穂も立候補します。
走るのが苦手な朔もリレーに出場することになりました。
翔は皆でリレーに出ることが決まり、とても楽しみにしていました。
この状況で、翔が菜穂に手を差し出してくるものの、菜穂は翔の行動を理解することができません。
このことを相談した時、菜穂は弘人だけではなくあずさと貴子、朔にも10年後の自分から手紙が届いていることを知らされました。
果たして、菜穂達は翔を救うことができるのでしょうか!?

『orange』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年12月30日(月)時点のものです。
スポンサーリンク

~あらすじ~

ー公園ー

「これからはたくさん協力するからね!」
「菜穂にしか翔を幸せにできないよ」

あずさと貴子は菜穂にこう話す。
あずさと貴子、弘人と朔のお陰で、菜穂の心は軽くなっていた。

ーあずさの部屋ー

あずさは手紙を読んでいた。
手紙にはあずさの誕生日の出来事が綴られていた。
雨が降ってきてしまい、朔からプレゼントされた折りたたみ傘をあずさが翔に貸してしまったことで、菜穂が持ってきた折りたたみ傘に一緒に入るチャンスを逃してしまった事を、手紙であずさは知る。

ー教室ー

あずさが教室へ入ろうとする。
この時、菜穂と貴子、弘人と朔、翔は誕生日を祝う。
あずさはプレゼントをもらう。
手紙の通り、朔からは折り畳み傘をプレゼントされ、雨が降る。

ー学校の玄関ー

あずさと貴子、弘人と朔は傘をさす。

「私はあずのに入れてもらう」

菜穂は翔に自分の折り畳み傘を貸そうとする。

「菜穂と一緒の傘がいい」
「二人で帰ろう」

照れながら翔は菜穂にこう話す。

「いいよ」

菜穂も照れながらこう答え、翔と一緒に帰る。

ー道端ー

「あんま、離れないで、濡れるよ、もっとこっち」

こう言いながら翔の顔が菜穂に近づく。

ドン!

緊張していた菜穂は、傘を持ってる翔の手を突き飛ばしてしまう。
傘は道端に落ちる。

「ご、ごめん」

菜穂は翔に謝る。
この時翔の提案で、菜穂は雨宿りをすることになる。

ー公園のあずまやー

「嫌だった?」

翔は心配して菜穂に質問する。

「嫌じゃなかったよ」

こう答える菜穂に対し、この前玄関で菜穂が翔につかまったときも嬉しかったことを翔は話す。
菜穂は翔に手を差し出す。

 

 

翔は一度断った後、菜穂と手をつなぐ。

「菜穂が付き合うって言ったら、俺は付き合う」

翔は菜穂にこう話す。

「ううん、付き合わなくても幸せ」

菜穂は笑顔で翔に答える。

「うん、俺も」

菜穂の答えに翔は安心する。

ー廊下ー

体育祭の日になる。
翔と菜穂は、お互いハチマキを結びあう。

ーーー幸せが続くように、ただ願っているだけじゃだめなんだ。

菜穂はこう思ったため、再び手紙を読み始めた。

ーグラウンドー

翔以外の家族が、体育祭を見に来ていた。

「翔の家族は?」

貴子が翔に質問する。

「うちは俺が幼稚園の頃離婚してるから、父親いないし、母親は今日仕事、ばあちゃんは誘ってないからこないよ」

翔は嘘をつく。
菜穂は手紙を思い出していた。

「翔ー!」

この時手を振りながら翔の祖母が現れる。

「どうして・・・!」

こう言いながら翔は祖母の方へ向かう。

「誘われちゃった」

翔は祖母の答えに驚く。
弘人が弘人の両親に翔の祖母を迎えに行くようにお願いしていた。
これは翔の祖母の家は遠く、翔の祖母は運転をすることが出来なかったことを知った弘人の提案だった。

「ありがとう!」

翔は弘人に笑顔でお礼を伝える。
競技が始まる。
まだ出番がこない菜穂達は、弘人の父親に写真を撮影してもらう。
翔は元気がなかったため、菜穂達は心配していた。
翔と弘人、朔が出る棒倒しの競技が始まる時間になる。
競技のため弘人がTシャツを脱ぐ。
弘人の腹筋を菜穂とあずさ、貴子は褒める。
朔は腹筋がなかったため、油性ペンで腹筋を描いていた。

「翔、大丈夫?」

菜穂は翔を心配する。

「須和みたいに俺、筋肉ないし頼りないもんね、別に大丈夫だから」

菜穂にこう答えた翔はその場を後にする。
競技の待機場所へ移動した弘人は、出番が来るのを翔と待っていた。

「お前心配じゃないの?菜穂と付き合わなくて」

弘人は翔に質問する。

「そんなの、俺と付き合った方が心配だよ」
「また引っ越すかもしれないしさ」

翔はいついなくなるかわからない自分と付き合う菜穂がかわいそうだと説明する。

「俺が菜穂と付き合ってもいいのかよ!」

更に弘人は翔に質問する。

「うん、そうなればいいと思ってるよ」

翔はこう答えてしまう。

パーン!

競技が始まる。

「うん、一番かっこいい・・・」

翔が頑張っている姿を見て、菜穂はつぶやく。
翔と弘人、朔のチームが勝利する。
菜穂とあずさ、貴子の前に戻ってきた弘人は敵の先輩にマークされていたため、傷だらけだった。
保健係だった菜穂は、弘人の手当てをすることになる。

ーテントの下ー

弘人の手当てが終わった後、菜穂は翔のケガも手当てをしようとする。

「いいって・・・」

断る翔を気にせず、菜穂は翔の体に触れようとする。

パシッ

翔は菜穂の手を振り払う。

「いいよ俺は!」

翔はこう言い放ってしまう。

「ごめん」

驚いている菜穂に謝り、翔はその場を去ってしまう。

「今のはいい方向だと思う」

翔を心配する菜穂に、弘人はこう話しかける。

ー学校の中庭ー

「言ってること、違うじゃん」

競技が始まる前に弘人と話していたことを思い出しながら、翔はつぶやいていた。

 

~感想~

菜穂と弘人だけではなく、あずさと貴子、朔も手紙を受け取っていたことを知った菜穂は、再び手紙を読むことを決めましたね。
しかし以前のようにただ手紙に頼るだけではありません。
手紙を読んで、きちんと自分達で考えて行動し、翔を救う方向へ進みだしました。
あずさの誕生日、あずまやで菜穂は翔と雨宿りをすることになりました。
翔が手を差し出した理由に気づいた菜穂は、今度は自分から翔に手を差し出します。
この時、付き合わなくても幸せだという気持ちを伝えることができたのは、きちんと翔の気持ちを菜穂が理解していたからですよね。
普通に考えて、本当に翔の事を理解していなければ、このようなことは言えなかったと思うのです。
そんな菜穂だからこそ、翔も菜穂に惹かれ、付き合わなくても良い関係を築くことができているのではないでしょうか。
この状況で、いよいよ体育祭がはじまります。
両親がこない翔に対し、とても良い行動をとったのが弘人でしたね。
弘人が翔の祖母を誘うという行動は、翔だけではなく翔の祖母もきっと嬉しかったと思います。
このようなとても良い雰囲気の中、翔の行動で気になる部分が出てきます。
菜穂に手当てをしてもらおうとした時、翔は断ってしまいその場を去りました。
弘人はいい方向だといっていますが、もしかしてこれは翔の菜穂に対するヤキモチなのでしょうか?
もしそうであれば、翔がこのことに気づいて、菜穂と付き合うことを素直に決めるのかどうか・・・次回が気になりますね。

orangeをU-NEXTで見るならこちら

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP