「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第27話のあらすじ・ネタバレ・感想~大栗さん、確かに後部座席ですよ~ | VODの殿堂

アニメ

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第27話のあらすじ・ネタバレ・感想~大栗さん、確かに後部座席ですよ~

   
 

タイトル:「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第27話
放送局:TBS系列
キャスト:大平透、西川幾雄など
視聴したVOD:dTV(2018年7月31日までは視聴可)

前回は、帰宅拒否症の男のお話でした。
加江利宅内は残業もさせてもらえず、ファミレスやコンビニで時間を潰す毎日。
そんな時、喪黒に会い理由を聞かれると、自宅は子供たちに占領され、妻には愚痴ばかり言われ、自宅に帰るのが怖いと話します。
すると喪黒は、あるマンションの部屋を貸してくれます。
「この部屋の持ち主は、海外に転勤になったから自由に使っていい」と言います。
喜んだ加江利は、会社が終わってから、深夜までの時間をこのマンションで自由に過ごします。
しかし、隣に住むという女が何かと世話を焼きに来るようになり、それを不審に思った加江利の息子に写真を撮られてしまいます。
妻に追い出され、マンションに向かいますが、住人が「出張に行っていただけだ」と帰ってきます。
いよいよ行くところがなくなった加江利は、飼い犬の小屋で一晩過ごすのでした。
27話は、社長付きの運転手のお話です。
いつかは自分も後部座席に座れる身分になりたいと考えるようですが?

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第27話のあらすじです。

『笑ゥせぇるすまん』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月26日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第27話 後部座席の男

別宅に送る

大栗之益(39歳)は、湖水産業の社長付きの運転手をしている。

社長を乗せると「社長、今日はまっすぐお帰りですか?」と聞く。

社長は咳払いをして「いや、クニ子のマンションに行ってくれ」と言う。
その後電話で「今日の大東電機株の終値はどうだった?ふむふむ、情報が入り次第報告してくれ」と話す。
クニ子のマンションに着き「すぐ戻ってくるから、ここで待っていてくれ」と言う社長。
大栗は「かしこまりました」と言う。
2階から「パパ~、クニ子待ってたのよ~」、「そうかそうか」と言う会話を聞いて運転席に乗る大栗。
後ろで氷がカランと鳴る音が聞こえ、振り向く。
「いやぁ素晴らしい車ですな~ウイスキーに氷まで用意してあるんですからね~」と言う喪黒。

大栗は驚いて「何ですか?あんた」と言う。
喪黒は「社長も愛人とよろしくやってるようですから、あなたも1杯いかがですか?」と言う。
「冗談じゃない、僕には運転があるんです」と、きっぱり断る大栗。
喪黒は「どうせ社長さんが戻るのは2~3時間してからでしょう。それまでに冷めちゃいますよ」と誘う。
大栗は「いい加減にして下さい。あなた何者ですか?」と怒る。
喪黒は「申し遅れました、私こういう者です」と名刺を渡す。

秘密厳守

喪黒は勝手にボタンを押しながら「しかし、同じ車でも前と後ろじゃだいぶ違いますねぇ。本当はあなたも、あの社長さんのように後部座席に座って人に運転させる身分になりたいと思ってるんじゃありませんか?」と葉巻を取り出して吸う。
大栗は呆れて「そんなことは、かなわぬ望みです」と言う。
喪黒はすかさず「そんなことはありません。確かあなたの社長さんは、株でだいぶ儲けているんでしたよね」と株のグラフをモニターで見る。
大栗は「ええ、この車の中でもしょっちゅう取引してますが」と言う。

「どうでしょう、その情報私にこっそり教えてくれませんかねぇ」と持ち掛ける喪黒。
大栗は「ええ?」と驚く。
喪黒は「私があなたの代わりに株を売買すれば、社長にはバレません。独立する元手くらい稼いで差し上げますよ」と言う。
「お断りします。社長の話を盗み聞きして外部に洩らすなんて、運転手のモラルに反します。出てって下さい」と怒り出す。
喪黒は「そうですか、あなたの運を開く後押しをしたかったのですが、仕方ありません。気が変わったらいつでも言って下さい。私は、必ずあなたを後部座席に座れる身分にして差し上げますよ。では」と去っていく。

それから1週間後、クニ子と一緒に後部座席に乗る社長。
クニ子は「ねぇパパ~、クニ子ダイヤの指輪が欲しいんだけど~」と甘える。
社長は「なんだ、またか。300万くらいのでいいな」と言う。
社長の車を掃除する大栗。
後部座席を掃除していて、ふと社長の気分になって座ってしまう。
大栗は、足を組んで「ゴホン、大東電機の今日の終値はどうだったかね?」と社長の真似をする。

愛人が横にいると考え「パパ~指輪買って~」と言われる想像をしている。
大栗が「300万くらいのでいいかな~」と言っていると、喪黒が乗ってくる。
「パパ~」と言う喪黒。
大栗は「うわ~」とびっくりする。

ひゃ、百万の儲け?

喪黒が「どうです?その気になりましたか?私に情報をくれたらすぐにでも願いが叶いますよ」と言う。
「そんなこと出来ません」ときっぱり言う大栗。
喪黒は「あなたなら出来ます。あなたなら出来ます。あなたこそ、後部座席に座るべき人物なのです。ドーーーーン」と指をさす。

数日後、車の中で社長は「何?乗っ取り屋が大東電機の株を買い占め始めた?すると当分“買い”だけだな。よし、大東電機を買いまくれ」と電話で指示をする。
証券会社で喪黒と会う大栗。
喪黒は「はい、どうぞ」と分厚い封筒を差し出す。

「あなたの情報通り、大東電機株が高く売れたのです。元手に手数料と税金を引いた残り、100万円があなたの儲けです」と言う。
大栗は「え?そ、そんなに?」と封筒の中身を確かめる。
喪黒は「これからも情報お願いしますよ。あ、これだけは約束をして下さい。どんないい情報が入っても、絶対自分1人で売り買いはしないと」と言う。
「もちろんです、私は株には素人ですから」と言う大栗。
喪黒は「あなたが後部座席に座れる日も間近ですなぁ。オーッホッホッホッホ」と笑う。

社長が「経理部長、わしだが現金を200万ばかり用意しといてくれ」と電話をしている。
そして大栗に「わしをクニ子のところへ送ったら、会社に戻って200万円受け取ってきてくれるか?クニ子のヤツ、パリに行きたいと駄々をこねおっての。頼んだぞ」と言う。
「かしこまりました」と言う大栗。
マンションに着いて電話が鳴る。
「何?山井製薬でガンの新薬が開発されただと?ふむふむ、天井知らずだな。後で電話するから今日のところは“買い”は待て」と指示する社長。

社長を降ろして(どうしよう?喪黒さんに連絡している暇はないぞ)と考える。

大栗は、後部座席から経理部長に社長の声色を使い「200万を500万に変更するように」と電話をする。
(これで元手はできた。金は社長がパリから帰る前に返せば・・・。)と考える。

確かに

証券会社の窓口で500万円を出し「これで山井製薬を買えるだけ買って下さい」と言う大栗。
大栗は(最低でも10倍か?ウヒヒヒヒ)と後部座席に座っている自分を想像する。
パリへ出発する社長とクニ子を、空港へ送る大栗。
社長に電話がかかり「何?山井製薬のガンの新薬はガセだと?逆に倒産の噂で売り注文が殺到か?フハハハハハ、やっぱり買わなくてよかった」と話している。

大栗は冷や汗が出て、焦点が定まらず運転が危うくなる。
「こら!気をつけんか!」と怒る社長。
「す、すみません」と平謝りの大栗。
空港で経理部長と電話をしている社長「何?500万円渡しただと?わしは200万と言ったはずだぞ・・・・ということは?」とワナワナと震える社長。

大栗は証券会社に行き「この間の山井製薬の株、今すぐ売りに出して下さい」と言う。
窓口の女は「今売ったらだいぶ損になりますよ。あれからどんどん下がり続けてますから」と言う。
放心状態で株価の電光掲示板を見ていると「大栗さん」と喪黒が声をかける。
「こんなとこでお目にかかるとは、あなたまさか私との約束を破ったんじゃないでしょうなぁ?」と言う。
「い、いいえ」と震える声で返事をする大栗。
喪黒は「それなら構いませんが、車に戻らないと駐車違反取られますよ」と教える。
車に帰ろうとした大栗に刑事が声をかける。
「大栗さんですね。詐欺、横領の罪で逮捕します」と逮捕状を見せる。
大栗は、青ざめ「えええ?は~~」と嘆く。

「さ、乗るんだ」とパトカーの後部座席に乗せられる大栗。
見送った喪黒は「あなたは約束を破りましたが、私は守りましたよ。ちゃーんと後部座席に乗れる身分になれたでしょ。贅沢な高級車じゃなく、パトカーというのは残念でしたが。オーッホッホッホッホ」と歩いて行く。

感想

社長の運転手ってラクそうに見えるけど、その社長にもよるでしょうね。
やっぱり、人を人と思ってないような社長は嫌ですね。
あと、お金のことしか考えないような社長とか。
社長にまでなる人物ですから、そんなことはないと思いたいですが。
このアニメの社長さんは、まぁ普通というか良くも悪くもない感じです。
株で儲けて、これまた金のことしか考えてないおバカな愛人を囲ってます。
こういう社長さんを、毎日乗せて走っていた大栗さん。
喪黒さんが入れ知恵をしてしまって、欲が出てしまいました。
それまでは、そこそこのお給料でも満足して平穏に暮らしていたのに。
喪黒さんがよく使う作戦は、お金がらみの時は大金を握らせるんですね。
今回も、大栗さんに100万円を握らせました。
やっぱり、1度でも大金を握ると人間は、後戻りできないようになっているんでしょうか?
これで、満足はできないんですかね?
恐ろしいです。
株というのもギャンブルのようなものですよね。
生活費とは関係のない余裕のあるお金を投資するうちはいいですが、全財産や借金までして投資するようになったら終わりですね。
喪黒さんの言う通り、後部座席に座れたけど刑事に挟まれてパトカーの後部座席とは、めっちゃ面白いオチでした(笑)
次回は、女性にもてないことを気にしている男のお話です。
喪黒のアドバイスによってどう変わるのでしょうか?
イケメンになれるのかな?

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. アバター
    • カイサ
    • 2018年 11月 27日

    中々に上手いタイトルとオチの話。タイトルから完全に破滅を予感させる話は他にも破滅症患者、めざめすぎた男、捨てちゃう女、OB夫婦、雪山惨歌、ゴルフドミノ倒しと色々ありますよね。

  2. きなこっち
    • きなこっち
    • 2018年 11月 28日

    コメントありがとうございます。
    いろいろと面白い話を思いつくものですよね。

PAGE TOP