アイカツ!2ndシーズン 第57話のあらすじ・ネタバレ・感想~可愛いモノが好きだっていいじゃない~ | VODの殿堂

アニメ

アイカツ!2ndシーズン 第57話のあらすじ・ネタバレ・感想~可愛いモノが好きだっていいじゃない~

   
 

タイトル:アイカツ!2ndシーズン 第57話 ーゆるキャ蘭ウェイ!ー
放送局:テレビ東京ほか
アニメーション制作:サンライズ
キャスト:星宮いちご:諸星すみれ/霧矢あおい:田所あずさ/紫吹 蘭:大橋彩香/音城セイラ:石原夏織/冴草きい:秋奈/星宮りんご:能登麻美子/星宮らいち:瀬戸麻沙美/光石織姫:松谷彼哉/ジョニー別府:保村 真
視聴VOD:dアニメストア(2018年05月21日時点で視聴可)

ついに【SPICY AGEHA】の星座ドレスが完成し、そのお披露目ステージに蘭が立つことに決まります。
【SPICY AGEHA】のミューズとして、絶対に星座アピールを出さなくてはいけないというプレッシャーに不安を感じていました。
しかし蘭には、自分に勇気をくれる大切なお守りがあったのです。

いつもクールでカッコイイ蘭ですが、第57話では意外な一面を見ることができます。
彼女はとても可愛いものを、心のよりどころにしていたのです。

『アイカツ!』2ndシーズン配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月17日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

【ゆるキャラ】

ある日のトレーニング中、いちごたちと共にストレッチをしていたさくらが、おとめのアイカツフォンにゆるキャラのマスコットが付いていることに気が付いた。

いちごがアメリカに行っている間に、世間はゆるキャラブームを迎えていていたのである。
さくらやユリカも自分が好きなゆるキャラグッズを所持しているらしい。
そこへトレーニングを終えた蘭がやってくる。
あおいが「蘭はゆるキャラとか、興味ないかな?」と言葉をかけると、「まぁ…物によるか?」と返したのである。
そんな意外な反応を、おとめたちが真っ向から否定してしまった。
蘭と言えば、【美しき刃】と言われるくらいクールなイメージがあるので、ゆるキャラは似合わないと言ってしまったのである。

「そ、そうか??」

蘭はその意見に対し、表情を変えず返していたが、いちごは蘭が何かをポケットの奥に隠したのを目撃していた。

トレーニングを終えたいちごは、あおいにゆるキャラに関するレクチャーを受けていた。
その時、アイカツフォンに表示されるゆるキャラの中に、さきほど蘭が隠したゆるキャラを発見したのである。
そのゆるキャラの名は【えびポン】といって、ゆるキャラブームの火付け役と言われる有名なキャラクターであった。

「これ、蘭がアイカツフォンにつけてたよ。」

「えぇ!?それは聞き捨てならない!!」

いちごからもたらされた情報にあおいは驚愕する。
クールなイメージを持った蘭が、ゆるキャラを所持している事が信じられなかったのだ。
その後やってきた蘭に、えびポンのことを問いかけようとする。
しかし、蘭は【SPICY AGEHA】のトップデザイナーの橘杏奈に呼ばれてしまったようで、事実を確認する前に出掛けて行ってしまった。

【星座プレミアムドレスとプレッシャー】

杏奈に呼ばれた蘭は、さっそく【SPICY AGEHA】オフィスへ向かう。
先ほどの電話で、杏奈は星座プレミアムドレスが完成したことを蘭に伝えていたのである。

「これが新しいプレミアムドレス、キングレオコーデよ。」

それはしし座をイメージした星座ドレスで、蘭の姿に刺激を受けてデザインされたドレスであった。

「次のファッションショーでは、このドレスを着て星座アピールを出してほしい。」

杏奈はそう言って、星座ドレスをアイカツカードに変える。

「蘭なら出せるわ。あなたは、私のミューズだから。」

トップデザイナーからの言葉を真摯に受け止め、蘭はしっかりと星座プレミアムドレスを受け取った。

しかし、【SPICY AGEHA】のオフィスを出た蘭は、アイカツカードをギュッと握りしめ不安と闘っていた。

自分を信じてくれた杏奈をがっかりさせたくない。
ファンの期待も裏切りたくない。
星座ドレスを着て、星座アピールを出せるかどうかは、蘭にかかっていたのである。

(この星座ドレスを素敵に着こなして、必ず星座アピールを出してみせる。)

そう決意を固めたものの、蘭はプレッシャーに押しつぶされそうになり、眠ることができなかった。
蘭はついにベッドから起き出し、あるものを取り出す。

「お前を見てると落ち着くよ。えびポン。」

【えびポン事件】

翌日、いちごとあおいは蘭の部屋を訪れるが、返事はない。
寝坊しているのではないかと心配した2人は、そのまま部屋の中へ足を進め、そこであるものを発見してしまったのである。

なんと蘭は、えびポンを片付け忘れたまま出かけてしまったのだ。
さらに中途半端に開いたクローゼットの中には、大量のえびポングッズが保管されていることをいちごとあおいに見られてしまったのである。

「意外すぎる!!」

蘭がエビポン好きなのか気になっていたあおいは、ショックを受けるどころか、その可愛い一面に瞳を輝かせて喜びを表していた。

一方、部屋にいない蘭はトレーニングの後、ファッション雑誌の取材を受けていた。
蘭に取材をする記者は、パリコレにも取材に出掛ける有名な記者であり、その取材を受けると言うことは蘭も一流モデルの仲間入りを果たした証明であった。

そんな時、いちごのアイカツフォンにおとめから電話がかかってくる。
おとめは蘭を探す宅配業者に出会ったらしく、その荷物に驚いて電話をかけてきたのだ。

「その宅配のお兄さんがですね、おっきなえびポンを運んでて…。」

おとめからもたらされた情報に、あおいの顔色が悪くなっていく。

「つまり巨大えびポンが取材中の蘭に接近中!?まずい…美しき刃のイメージが…。」

あおいの言葉に、いちごもようやく事態の重さを理解したらしく、2人は巨大えびポンの接近を阻止するために走りだした。
しかし残念ながら巨大えびポンは取材終了間際に蘭の元に届けられてしまった。

「えびポンキャンペーン特別賞、おめでとうございます!」

「ありがとうございます!」

記者とカメラマンは、突然の出来事に唖然。
しかし蘭はとても嬉しそうに笑顔を振りまいていた。

【えびポンとの出会い】

取材が終わり、いちごとあおいは蘭にえびポンについて尋ねる。
蘭がえびポンに出会ったのは、いちごがアメリカにいった直後だったそうだ。

スターライト学園から、いちごと美月がいなくなったこと。
ドリームアカデミーが誕生し、スターライト学園が窮地に陥っていたこと。
【SPICY AGEHA】の専属モデルオーディションが迫っていたこと。

さまざまな要因が重なり、蘭の気が張りつめていた時、えびポンのことを知ったのである。
緩すぎるとまで言われるえびポンのしぐさは、1日の終わりに張りつめた気持ちをリセットしてくれる大切な存在だったのだ。

「お前にはたくさん助けてもらったのにな。お前のことが好きだって言いそびれてたよ。」

蘭はクールなイメージをもつ自分が、ゆるキャラを好きだと知られることに恥ずかしさを抱いていた。
だからこそ、一番仲良しないちごやあおいにもえびポンが好きだということ言えなかったのである。

「とにかくこれは、門外不出のお宝写真、間違いなし!」

あおいのアイカツフォンに、えびポンと蘭の写真が記録された。

【SPICY AGEHAのミューズ】

しかし後日、蘭のえびポン好きは大々的に放送されてしまった。
あの日取材に来ていたカメラマンが、えびポンを抱きしめて笑う蘭を撮影していたのである。
【SPICY AGEHA】のファッションショー当日に報道されたこともあり、蘭はステージ前にマスコミに囲まれてしまうが、いつもと変わらないクールな姿でインタビューを受けていた。

そしていよいよ【SPICY AGEHA】のファッションショーがスタート。
フィッティングルームの前に立った蘭は、星座アピールを必ず出すと決意を新たにしていた。

ランウェイに立った蘭が歌うのは、【Trap of Love】である。

蘭は星座アピールを確実に出し、ファッションショーを成功させたのである。

【スペシャルコラボ】

後日、蘭は学園長室に呼ばれていた。
そこで織姫から、蘭に仕事のオファーが届いていることを知らされる。

「あなたにはね、えびポンPRの専属モデルになってほしいそうなの。いわば、えびポンとのユニットね。」

「はい!頑張ります。」

感想

アイドルにかぎらず、イメージを守るって本当に大変ですよね。
昔のアイドルはトイレに行かないとか、変なイメージもあったそうですから、今の芸能人は昔よりも自分を出せているとは思いますが、それでもイメージを裏切る行動をしてSNSが炎上という話はよく聞きますから、大変な仕事だなって改めて感じました。

さて、美しき刃と呼ばれ、クールなイメージが先行している蘭ですが、視聴者としてはゆるキャラが好きな蘭に驚くことはなかったと思います。
紫吹蘭といえば、クールでかっこいいところはもちろんありますが、ちょっと天然で照れ屋さんな女の子だと私は思っています。
逆に普段一緒に過ごしていて、蘭のそういう一面を写真に収めているあおいが驚いていることに驚きましたね。

ちなみにアニメが放送されたのは、2013年11月のことでした。
ゆるキャラブームってつい最近の出来事だと思っていましたが、結構昔の話であることに少しショックを受けました(笑)

さて次回は、再びセイラときいにスポットライトが当たるお話です。
初めて一緒のステージに上がることになり、観客をうんと盛り上げる方法を考える2人は、名案を思い付きます。
それを実現するために、2人が訪れたのはスターライト学園です。
はたしてどんなステージが完成するのか、楽しみですね!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP