アイカツ!2ndシーズン 第56話のあらすじ・ネタバレ・感想~アイドルだって恋したっていいじゃない~ | VODの殿堂

アニメ

アイカツ!2ndシーズン 第56話のあらすじ・ネタバレ・感想~アイドルだって恋したっていいじゃない~

   
 

タイトル:アイカツ!2ndシーズン 第56話 ー恋のトップシークレットー
放送局:テレビ東京ほか
アニメーション制作:サンライズ
キャスト:星宮いちご:諸星すみれ/霧矢あおい:田所あずさ/紫吹 蘭:大橋彩香/音城セイラ:石原夏織/冴草きい:秋奈/星宮りんご:能登麻美子/星宮らいち:瀬戸麻沙美/光石織姫:松谷彼哉/ジョニー別府:保村 真
視聴VOD:dアニメストア(2018年05月18日時点で視聴可)

アイドルに恋愛はご法度!
しかし敏腕芸能リポーター【ミスターS】がこそこそ何かを調べていることを知ったあおいは、誰かの恋愛情報をスクープされそうになっていることに気が付きます。
そのアイドルとはいったい誰なのでしょうか?
いちごたちは【ミスターS】よりも先に、その情報を得ようと奮闘することになりました。

アイドルの熱愛報道は、いつの時代もお茶の間を沸かせるものです。
しかしアイドルだって一人の人間で、恋をすることもあるんです!というテーマが、第56話はありました。

『アイカツ!』2ndシーズン配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月17日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

【ミスターS】

ある日、あおいはテレビ局で芸能リポーターのミスターSを見かけた。
ミスターSとは、これまでも数多くのアイドルに関する特ダネをすっぱ抜いてきた敏腕芸能リポーターである。
ミスターSはこれまで狙ったスクープを逃したことがないと言われていることから、あおいは誰かが狙われていることに気が付いたのだ。

同時刻、あおいとほぼ同じ頃にテレビ局にいたきいも、ミスターSのことを見かけていた。

「ミスターSはきっとセイラのスキャンダルを…っ。」

きいは大型新人アイドルとしてデビューした、セイラのスキャンダルをミスターSが狙っていると考えていた。
セイラは確かに秘密にしていることはあるが、スキャンダルになるようなネタではないと否定するが、きいはミスターSからセイラを守るために闘志を燃やしていた。

【スキャンダル】

後日、あおいは学園長室に呼び出される。
初恋をテーマにしたファッションショーへのスペシャルオファーで、ドリームアカデミーのきいも一緒にステージに上がることが決まっていた。

初恋というテーマを聞いたあおいは、テレビ局でミスターSを見かけたことを報告。
織姫もミスターSの存在に気が付いていたようで、「何を狙っているかわからないけれど、十分気を付けて。」と告げた。

それからあおいは、いちご、蘭と共にファッションショーに向けた特訓をしつつ、ミスターSを警戒しながら日々を過ごすことに。
しかし学園の中でも変装する3人に、清掃員の涼川は苦笑を浮かべつつ、ミスターSが狙っているのはスターライト学園ではなく、ドリームアカデミーではないかと考えていた。

その予感は見事的中。
きいはドリアカの目の前にある海で、ミスターSを見かけてしまったのである。

きいはその情報を、いちごたちにも報告するため、セイラと共にスターライト学園へ。
ミスターSがセイラを狙っていると考えているきいは、スターライト学園にセイラを匿ってもらいたかったのである。

しかし、そんなきいの意見に、セイラは反対の意思を示す。
自分には隠さなければいけない秘密はないし、それ以上に許せないことがあったのだ。

「今はきいもアイドルだ。大事なファッションショーの前だし、自分のことだけ考えろ。きいの邪魔はしたくないんだ。」

だが、セイラの意見にきいも真っ向から反論。

「もーもーもー!!なんでそんなこと言うの!きいはセイラのプロデューサーだよ!?きいはアイドルになったけど、セイラのプロデューサーだってちゃんとやるんだから!!」

きいは瞳に涙を浮かべて、キュッと唇を噛み締める。
互いを想い合っている2人に、いちごたちは笑みを浮かべて見守っていた。

「ところで!セイラちゃんのスキャンダルって何??」

どこからともなくノートとペンを取り出したあおいは、瞳を輝かせて質問。
いちごと蘭もセイラのスキャンダルには興味深々のようで、ミスターSと同じことをしている自覚がありながら、セイラ達に視線を向ける。

きいはいちごたちにも秘密にしようとするが、それはあっさりバレてしまう。
スキャンダルに関する話をしている4人の傍で、セイラが偶然現れた猫と話を始めてしまったからだ。
きいが隠したかったセイラのスキャンダルとは、【猫が好き】ということだった。
クールでロックなイメージで売り出し中のセイラが、実は可愛い猫が大好きで、猫と話しができるなんて知られてしまえば、そのイメージが崩れてしまうと考えたからである。

「あたしは別に隠そうなんて思ってない。みんなに知られても全然かまわない!」

いちごたちはセイラの意見に同意する。
ファンはアイドルのいろいろな顔を見たいものであると、アイドルの先輩としてきいに説く。

しかしミスターSはドリームアカデミー周辺に出没しており、彼からその情報が流れるのはよくないと考えたあおいは、きいと共にある作戦を決行することに。
ミスターSよりも先に、情報を開示してしまえばいいと考えたのである。

【アイドルの恋】

セイラときいは、そのことをティアラに報告。
ティアラはその提案を受け入れ、きいに「ファッションショー、頑張って。」と送り出す。

(ミスターSの狙いはセイラじゃない。本当の狙いは…。)

一方、ファッションショーに向け準備をしていたあおいの元に、いちごと蘭がやってくる。
その手には今日発行されたアイドル新聞が握られており、その中にはセイラの特集記事が掲載されていた。

記事の内容を見ても、セイラのファンが不満になるような要素はなく、いちごたちはホッと安堵の息を漏らした。

「ミスターSの掴んでたスキャンダルって、やっぱりこれだったのか?」

蘭の問いに、あおいは「わからない。」と答える。
しかし他にスキャンダルらしい記事は掲載されておらず、結局ミスターSの狙っていたスキャンダルについては謎のままであった。

「スキャンダルがどうかしたの??」

楽屋を訪れた織姫が声をかける。
あおいたちから事情を聞いた織姫は、【アイドルと恋愛】について3人に話し始める。

「アイドルも恋愛をすることがあると思う。それはいけないことではないわ。」

しかし、恋をすることで傷つくファンがいることを忘れてはいけないこと。
誰かを傷つけてしまうのだから、中途半端な恋愛をしてはいけない、と説いた。

「スターライト学園には恋愛をしたアイドルに対する罰則はないわ。もしあなたたちが恋をしたときには、私に隠さないで欲しいの。真剣な恋。誠実な恋。太陽のように周りを明るくする恋。」

「何よりも大切なのは、本人が幸せであること。アイドルが幸せそうだったら、きっと応援してくれるファンもいる。もちろん私も応援するわ!」

織姫はにっこりと3人に微笑みかける。

「3人とも、いつかするなら素敵な恋をしなさい。」

織姫の言葉を聞いた3人は、大切な人たちに応援されるような、素敵な恋をすると約束したのである。

【ファッションショー】

あおいときいはフィッティングルームの前に立つ。

「今日も今日とてアイドル活動!初恋ファッションショー盛り上げちゃお!」

「うん。」

2人がセットしたのは、それぞれのスクールドレスで、歌うのは【prism spiral】だった。

【ミスターSの狙い】

ドリームアカデミーを、船上から狙うミスターS。

「ドリームアカデミー…たった1年でここまで上り詰めたのには、何か理由がある。その秘密、いつか必ず暴いてやるぜ。」

感想

アイドルの熱愛報道は、一種のステータスと言えますが、私はあまり好きではありません。
私自身に推しアイドルという存在がいないからかもしれませんが、それでもアイドルだって人間ですから、誰かを愛することもあると思います。
そのため、アイドルだけではなく、芸能人の熱愛報道ってそこまで悪いことじゃないと思うのです。

アイカツは、そう言う自分の気持ちを代弁してくれたアニメでもあります。
本編で織姫学園長がいちごたちに言ってましたが、「傷つくファンは必ずいるからこそ、中途半端な恋をしてはいけない。」って言葉は、ただ恋愛禁止を提唱している人よりも、ずっとずっと健全だと思いました。

子供以上にアイカツにハマった理由は、きっとこういうところなんだなと、第56話を見て改めて実感しました。
アイドルたちが目標に向かって走っていく姿だけではなく、みんな楽しそうで、キラキラ輝いている。
そして、それを見守る大人たちが、自分の利益だけではなく、アイドルたちの行く末を見据えていることがわかるから、見ている私も元気になれるんだと思います。

さて次回は、蘭が【SPICY AGEHA】の星座ドレスお披露目ステージに立つことになります。
星座アピールを出すことができるのか、不安になる蘭でしたが、あるモノを心の支えにして頑張る姿は必見です!
いつもクールな蘭の可愛い一面を目撃することができますよ!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP