カードキャプターさくら『さくらカード編』第24話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと見つけたさくらの本当に好きな人。こんな美しい恋愛見たことない!~ | VODの殿堂

アニメ

カードキャプターさくら『さくらカード編』第24話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと見つけたさくらの本当に好きな人。こんな美しい恋愛見たことない!~

   
 

タイトル:カードキャプターさくら『さくらカード編』ーさくらと本当の想いー
放送局:NHK
アニメーション制作:マッドハウス
キャスト:木之本桜:丹下桜/ケルベロス:久川綾、小野坂昌也/大道寺知世:岩男潤子/李小狼:くまいもとこ/月城雪兎・ユエ:緒方恵美/木之本桃矢:関智一/木之本藤隆:田中秀幸/クロウ・リード:林一夫
視聴したVOD:U-NEXT(2019年09月05日時点では閲覧可)

いよいよカードキャプターさくら『さくらカード編』も最終回を迎えます。
クロウカードを封印し終わったと思えば、再び身の回りで起こり始めた不思議な事件に翻弄される日々を過ごしていましたが、ようやく第23話で決着を見せました。
さくらカード編で、さくらは人間として大きく成長しました。
クロウカードをさくらカードに変えることで、魔術師として大きく成長し、自分の恋に決着をつけ、愛とはどんなものか知ることができた物語だったと思います。

最終回では、クロウ・リードの生まれ変わりであるエリオルが、何故このような事件を起こしたのか、その真相が明らかになります。
そして、事件の終息と共に、さくらが本当に好きな人を見つけるの物語となっています。

事件の真相も、さくらの恋も気になるところ!
胸キュンする準備をして、さっそくあらすじへと進みましょう。

『カードキャプターさくら』さくらカード編配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
dアニメ 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年1月28日(火)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

【真相】

エリオルとの対決が終わった翌日、さくらは教室でぼんやりとしていた。
頭の中を過ぎるのは、小狼に告げられた「好きだ。」という言葉ばかりである。
登校してきた小狼に対しても、ドキドキして顔も上げられなくなっていた。
そんな時、やってきた寺田先生の口からエリオルの転校が告げられる。
何故あのような事件を起こしたのか、何も聞かされていないさくらたちは、エリオルの家に突撃することを決めたのである。

「ここがアイツの家か…。」

初めてエリオルの屋敷を訪れるケルベロスが、ポツリとつぶやく。
さくらが門に近づくと、まるで待っていたかのようにドアが勝手に開き、エリオルがいる場所へと案内していった。

「感じるよ。クロウさんの気配。」

「ああ、だんだん思い出してきたで。確かにワイとユエはクロウと一緒にここに住んどった。」

急に思い出したのは、クロウ・リードがかけた魔法が解けたせいであろうと、ケルベロスは推測する。
さくらたちは緊張した面持ちで、奥にある扉を開く。
しかしドアの先に用意されていたのは、クラッカーを鳴らす奈久瑠と、豪華な食事、そして笑みを受けべるエリオルの姿だった。

「美味しいお菓子があったほうが、話も弾むでしょう?」

その言葉にケルベロスは、かつての主の面影を見てイライラし始めるが、結局さくらたちに宥められる形で席に着くことになった。

席に着いたことで、ようやくエリオルが事件を起こした理由を話し始める。
エリオルの目的は、クロウカードをさくらカードに変える手助けをすること。
クロウカードは闇の力で活動していたが、さくらの力は星の力だったので、カードを変える必要があったのだ。
しかし当時のさくらの魔力は乏しく、理由もなくカードを次々と変えることはできないので、エリオルは姿を隠し、さくらが本気でクロウカードをさくらカードに変えたいと思うように事件を起こしていたのである。

その説明を受けたさくらは、ユエと対峙したときに出会ったクロウ・リードの言葉を思い出す。
クロウ・リードは先を見据えて行動を起こしていたのである。

「ありがとう。全部わかってたんだね。私が新しい主になることも、カードを変えるのに魔力が足りないってことも。」

そんなさくらの言葉を、エリオルはやんわり否定した。
彼も全部が見通せていたわけではなかったのだ。

「僕にも、クロウ・リードにも予測できないことが起こりましたから。」
エリオルは柔らかな視線を小狼とさくらに送り微笑んでいる。
その視線に2人は首をかしげているが、知世は理解したようでクスクスと笑っていた。

「実は特別なゲストがいらっしゃっているんです。」

エリオルは席を立ち、先ほどさくらたちが入ってきた扉を開ける。
そこに立っていたのは、観月歌帆だった。

実は観月とエリオルは知り合いで、今回の事件についても全て知っていたのである。
最後の審判の時に使用した鈴も、エリオルから託された物だったそうだ。
全てはクロウ・リードの手の上だったという事実に、ケルベロスはプンプンと腹を立てながらケーキに貪りついてしまった。

【エリオルとユエ】

エリオルはソッと席を外し、誰もいない廊下に出る。
そこではユエがクロウ・リードを待っていた。
ユエは「何故新しい主を選ばせたのか?」という問いの答えを得るため、さくらたちとは別にエリオルの屋敷を訪れていたのだ。

「それはあなたもわかっているはずですよ。たとえ前世の記憶を持っていたとしても、僕はクロウ・リード自身ではありません。」

ケルベロスやユエ、そしてクロウカードを作ったクロウ・リードは二度と現れない。
だからこそ、慈しんでいた者たちを木之本さくらという女の子に託したのである。

「それでも…それでも待っていたかったんだ…クロウを…。」

ユエの声はかすれている。
ユエに背中を向けていたエリオルはユエの方に体を向け、ゆっくり足を進める。

「…新しい主が嫌いなわけじゃない。」

「それは、とても好き、ということだな。」

エリオルはユエから少し離れた場所で止まり、ユエの顔を見つめる。

「クロウはもういない。けれど、思い出話ならできるよ。私でよければ、いつでも話そう。君の大好きなクロウ・リードのことを。」

「クロウ…。」

「私はここに来て本当によかったと思っているよ。さくらさんや、ユエやケルベロスに会えたこと。それに、予想できなかったことが起きた。」

エリオルが予想できなかったことは2つ。
1つ目は、ユエの仮の姿である雪兎のことだ。
雪兎はさくらのことを一番好きになると考えていたのだが、雪兎は桃矢を一番好きな人に選んだこと。
2つ目は、さくらの心の変化である。
それもエリオルが考えていたものとは、異なる結果を生み出しそうなのであった。

【別れ】

小狼の元に一本の電話がかかってくる。
それは香港にいる小狼の母からであった。

夕方、告白に対する返事に迷っていたさくらを、小狼が呼び止める。

「昨日、母上から電話があった。それで…クロウカードがすべて新しく生まれ変わったなら、不思議なことも、もう起こらないと報告した。」

そう告げた後、小狼はさくらに背中を向ける。

「俺、お前と会えて本当によかった。」

小狼は、日本に来たばかりのころ、自分の事しか考えていなかった。
しかしさくらに出会ったことで、誰かのために一生懸命がんばることや、相手の気持ちになる大切さを知ることができたと語る。

「ありがとう。言いたかったのはそれだけだ。じゃあ!」

そう言い残して、小狼はさくらに背を向けたまま走り出してしまった。
さくらは結局、告白の返事を小狼に返すことができなかった。
帰宅後、さくらは自室に籠ってしまった。
たまたま遊びに来ていた雪兎が心配するが、桃矢には何故さくらがふさぎ込んでいるかわかっているようだ。

ベッドで顔を伏せるさくらは、自分の気持ちに名前を付けることができないでいた。

雪兎に向けていたものとは異なる気持ちを、どうすればいいか困惑しているのだ。

【本当の気持ち】

翌朝、小狼は荷物を持って家を出ていく。
部屋の中には、さくらを想って作ったテディベアがポツンと残されていた。

一方、さくらは知世からの電話で、小狼が今日香港へ帰ることを聞かされていた。
合唱コンクールに出場する知世は、先生からそのことを聞き、真っ先にさくらに伝えようと電話をかけたのである。

「もう、友枝小学校には戻られないとおっしゃってました。」

さくらはその言葉にひどく動揺し、知世が何度も名前を呼んだにも関わらず、茫然としたまま自室に戻ってしまった。

「小狼くんが…帰っちゃう…。そんなの、そんなの…やだ…。私、小狼くんのこと…っ。」

瞳に溜まった涙が一つ、床に落ちる。
すると魔法陣が現れて、1枚のカードが出現した。
そのカードを見たさくらは、ハッと目を見開く。
そして大切なものを包み込むように抱きしめる。
それは、さくらの気持ちを代弁したさくらカードであった。

「小狼くん…。」

【私の気持ち】

空港に着いた小狼は、手続きをするため傍を離れたウェイを待っていた。

(言わずに来たこと、怒るかな…あいつ。どう返事してくれるつもりだったのかな…困ってないといいけど…。)

「小狼くん!!」

自分の名を呼ぶ声に、小狼が振り返る。
すると顔を真っ赤にして、肩で息をするさくらがそこに立っていて、胸には星の鍵が輝いていた。

「どうして…。」

「私…あの…っ。」

さくらは頬を赤らめ、何と返事をしようか、言葉を選んでいるようだ。
そこへ手続きをしていたウェイが小狼に近づき、あるものを手渡す。

「小狼様、これを。」

ウェイが持って来たのは、小狼が置いてきたはずのテディベアだった。

「そのくまさん…私にくれる?」

さくらの言葉と微笑みに、小狼も肩の力を抜いて微笑み返す。
そして2人はゆっくりと歩み寄り、小狼が作ったテディベアはさくらの手の中に納まった。

【またいつか】

「また会えるよね。」

感想

ついに『さくらカード編』が最終回を迎えてしまいました。
さくらの成長と、2人の恋を描いたシリーズでしたが、こんな人に出会いたいと思う作品だったと思います。
小狼のような人に、一途に想ってもらえるなら、それに相応しい人間になりたいときっと考えたはずです。

さて、原作版との相違点を含め、最終回を振り返ろうと思います。
まずは序盤、何故エリオルがこのような事件を起こしたか、というネタ晴らしがありましたね。
アニメ版では、さくらの力が星の力だったら、という理由でした。
つまり、クロウ・リードは、自分が慈しんだ守護者やカードたちの為に行動を起こしたということになる、という点は原作版でも同じです。
違うのは、原作版ではもう一つ目的があったことです。
クロウ・リードは、未来まで的確に予言できる自分の力にうんざりしており、「この世で一番強い魔術師ではない自分」を欲していたのです。
そこで彼は自分が死ぬとき、守護者を本に封印したあと、ある儀式を執り行います。
それは自分の魂を2つに分けるという儀式で、魂は2つに分けることができたのですが、記憶と魔力はエリオルだけに引き継がれてしまいました。
これでは本末転倒!
次の手段として考えたのが、クロウ・リードよりも強くなったさくらに、魔力を2つに分けてもらうという方法です。
ここで問題なのが、もう一人いるクロウ・リードの生まれ変わりです。
魔力を引き継がなかったもう一人のクロウ・リードの名は、木之本藤隆と言います。
つまりさくらの父親こそ、クロウ・リードの生まれ変わりだったのです。
アニメ版でも、原作同様、ここに繋がるフラグがちゃんと存在しています。
藤隆とおじいさんが会話するときに、藤隆に身寄りがいないこと。
ユエに魔力を渡すときに、桃矢の魔力の波長が血縁者である小狼よりも合っていたこと。
そして、さくらがクロウカードの主に選ばれたということです。
何故アニメ版で採用されなかったのかはわかりませんが、原作では第23話で町の人が眠りについた中、藤隆だけが眠りにつくことなくさくらの前に現れて発覚するのです。
こちらの方がシナリオとして面白かったと思うのですが、大人の事情があったのかもしれませんね。
他にも原作と違う点は、山ほどありますので、気になる方はぜひアニメと原作を見比べてみてください!

そしてさくらと小狼の恋ですが、さくらが恋を自覚した瞬間は本当に胸が痛かったですね。
だってようやく本当に好きな人がわかったのに、突然別れを告げられるわけですから。
ちなみに、桃矢は小狼がいつかさくらを連れて行ってしまう存在だと、最初から知っていたからこそ、ずっと敵意を持っていたんですよ。

ラストシーンで、小狼がさくらにテディベアを手渡します。
さくらは小狼への恋心を自覚したのですが、テディベアを受け取りつつも、告白の返事をしなかったのです。
演出をみると「テディベアを受け取る=告白の返事」のような気もしますが、アニメ版では一応2人の中では返事をしていない(もらっていない)ことになっています。(原作版では返事をしています。)
では何故告白の返事をしなかったのか。
それは、最終回に繋がる物語として映画の公開が決まっていたからです。
ラストシーンで出てきたカードを巡り、ある事件が起こるのですが、その時ようやくさくらは告白の返事をします。
映画版についても、こちらにあらすじと感想を書くので、そちらをご覧ください。

そして2人の物語はここで終わりません。
連載20周年記念プロジェクトの一環として、2016年からなかよしで『クリアカード編』の連載がスタート。
物語はさくらたちが中学生になったところから始まります。
すでにアニメも放送されており、脚本は原作者CLAMPの一人、大川七瀬先生が担当していて、近いうちにこちらも感想も書きたいと思っていますので、お楽しみに!

カードキャプターさくらシリーズを見るならU-NEXTがオススメ!

配信中のシリーズ
・カードキャプターさくら クロウカード編(全46話)
・カードキャプターさくら さくらカード編(全24話)
・カードキャプターさくら クリアカード編(全22話)

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
カードキャプターさくら『さくらカード編』第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~カードキャプター・再始動~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~新しい杖、新しい呪文、新しいカード!新しいことばかりで楽しい~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~さくらカード編の人間模様は複雑ww~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第4話のあらすじ・ネタバレ・感想~第4話にして彼の正体が明らかになる!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第5話のあらすじ・ネタバレ・感想~テディベアがキーパーソン~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~胸キュン展開が続く~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~無茶をするのが小学生!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~愛してるから許せなかった~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~二次元の世界にいざゆかん!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~ケロちゃんはお兄ちゃん気質~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと!やっとこの日がやってきました!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~ユエはともかく、ケルベロスをそのままにするのは経済的に難しそう~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第13話のあらすじ・ネタバレ・感想~特別な力はないけれど、知世ちゃんが一番すごいんだ!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第14話のあらすじ・ネタバレ・感想~それも一つの愛なんだ~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~傍にいるモノにこそ感謝しよう!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~いよいよクライマックスへ!予知夢も始まったよ!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第17話のあらすじ・ネタバレ・感想~温水プールいってみたい!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第18話のあらすじ・ネタバレ・感想~胸がキュンキュンする~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第19話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにこの日がやってきた~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第20話のあらすじ・ネタバレ・感想~恋に終止符を打つのって本当に勇気がいるね~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第21話のあらすじ・ネタバレ・感想~誰かの幸せを願える人って素敵だな~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第22話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついに現れる黒幕!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第23話のあらすじ・ネタバレ・感想~さくらちゃんなら絶対大丈夫だよ!~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP