カードキャプターさくら『さくらカード編』第20話のあらすじ・ネタバレ・感想~恋に終止符を打つのって本当に勇気がいるね~ | VODの殿堂

アニメ

カードキャプターさくら『さくらカード編』第20話のあらすじ・ネタバレ・感想~恋に終止符を打つのって本当に勇気がいるね~

   
 

タイトル:カードキャプターさくら『さくらカード編』ーさくらの一番好きな人ー
放送局:NHK
アニメーション制作:マッドハウス
キャスト:木之本桜:丹下桜/ケルベロス:久川綾、小野坂昌也/大道寺知世:岩男潤子/李小狼:くまいもとこ/月城雪兎・ユエ:緒方恵美/木之本桃矢:関智一/木之本藤隆:田中秀幸/クロウ・リード:林一夫
視聴したVOD:U-NEXT(2019年09月05日時点では閲覧可)

雪兎に誘われて、星條高校の文化祭を訪れたさくらは、【星の道】という出し物を見に行きます。
星に見立てた電球が光る暗い室内で、さくらは雪兎に自分の想いを伝えました。

第19話で、雪兎に自分の想いを伝える決意を固めたさくらは、さっそく第20話でそれを決行します。
雪兎はさくらにどのような答えを示すのか、一つの恋に答えが出る瞬間はどんな作品でもドキドキしてしまいますね。

『カードキャプターさくら』さくらカード編配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
dアニメ 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年1月28日(火)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

【文化祭】

星條高校の文化祭に、さくらは知世・小狼・エリオルの4人で遊びに来ていた。
さくらは自分も出演した自主制作映画を見ている時、「知ってるんですよ。あなたの知らない、あなたの事。」という桃矢の台詞にドキリとする。
それは上映室にいる雪兎と桃矢もだった。

「人間じゃなかったんだね。記憶が時々なくなるのは、もう一人の誰かになっているせいで、今までの僕の思い出は嘘だったんだね。」

その言葉に、桃矢が反論。

「けど、俺と会った後のことは全部、本当だろう?」

桃矢にとって、雪兎が人間でないことなど、些細なことでしかなかった。
それよりも雪兎が消えずに、自分の傍にいてくれることが重要だったのだ。

映画が終わり、視聴覚室を出たさくらは、同級生に囲まれる桃矢と雪兎を見つめる。
雪兎は少し困ったような笑みを浮かべているだけだが、桃矢はぼんやりとして大きな欠伸をしていた。
桃矢はユエに魔力を全て渡した影響で、ずっと眠そうにしているのだ。
今にも倒れそうな桃矢を心配そうに見つめるさくらたちに気が付いた雪兎は、4人に声をかけて何か飲みに行こうと誘いだす。
桃矢も途中まで同行していたが、眠気に勝てず、さくらたちを置いて教室に戻ると言い始めた。

「大丈夫?」

雪兎が心配そうに声をかけると、「眠いだけなんだから気にすんな。」と言い残して桃矢は去って行った。
しかし雪兎が去って行く桃矢の背中を、心配そうにジッと見つめていた。

その後、エリオルは用があると言って帰宅。
さくらたちは雪兎の案内で文化祭の模擬店を回ったあと、体育館に用意された【星の道】へ。
そこには奈久瑠がいて、さくらにギュッと抱き付いたあと桃矢の行方を尋ねてきたので、雪兎は「眠いから教室で寝てるって。」と伝える。

「ふーん…大変ね。あのままずっと眠いんだもんね。」

その言葉にさくらと雪兎が目を見開く。
しかしそんな2人の動揺をスル―した奈久瑠は、【星の道】の説明を始める。
【星の道】は2名1組で入場するアトラクションで、さくら・雪兎、小狼・知世に分かれて入場することになった。

【想い】

【星の道】に入場したさくらは、その美しさに声を上げて喜んでいた。
しかし隣にいる雪兎はどこかぼんやりしていて、さくらは心配そうに眉をよせた。

「この先にも素敵な場所があるからね。」

雪兎は体育館の中央にある場所に足を進める。
そこは少し開けた空間になっており、天井には星座が描かれている場所だった。
さくらは星を見つめているうちに、いつ何があるかわからないからこそ、自分の気持ちを知ってほしいと、決意した夜のことを思い出した。

「私、雪兎さんが好きです。」

さくらは顔を真っ赤に染め、雪兎に今の自分の想いを伝える。
そんなさくらに、雪兎は向き直って答えを出す。

「僕もさくらちゃんが好きだよ。でもさくらちゃんの一番は僕じゃないから。」

雪兎の言葉に、さくらは俯いていた顔を上げる。

「さくらちゃん、お父さんのこと大好きだよね?」

その問いにさくらは「はい。」と答える。

「僕の事は?」

「…好きです。」

「その気持ちは同じじゃない?」

雪兎は、藤隆に向ける気持ちと、雪兎に向ける気持ちが似ているのではないか、とさくらに問いかけているのだ。
さくらは瞳を閉じて、大好きな父と雪兎のことを考える。
そして出した答えは…。

「……似てます。」

雪兎は、さくらが子供だからという理由で、はぐらかしているわけではなかった。
自分が藤隆によく似ていること。
さくらが家族のように自分を想っていてくれることを、ちゃんと理解していたのである。

「雪兎さんにも一番好きな人がいるから、わかったんですか?」

さくらの問いに、雪兎は少しだけ瞳を和らげて、「そうだね。」と答える。

「お兄ちゃんですか?」

その問いには驚いたようで、一瞬目を見開いたが、すぐに穏やかな笑みを浮かべて肯定した。

「僕は桃矢がここにいなかったら、もうここにはいなかっただろうから。」

「お兄ちゃんもきっと雪兎さんが一番だと思います。」

そう言ったあと、雪兎に聞こえないくらい小さな声で「だからユエさんに力を渡したんだと思う。」とつぶやいた。

「それにお兄ちゃんなら、私の大好きな雪兎さんの一番でもいいです!」

雪兎の幸せを心の底から願うさくらの言葉に、雪兎は嬉しそうな表情を浮かべたまま、そっと頬に触れる。

「ありがとう。きっと見つかるよ。さくらちゃんが一番好きになれる人が。その人もきっと、さくらちゃんを一番に想ってくれるから。」

それから、雪兎はそんな人が現れたら教えてほしいと告げる。
もしもその人がさくらを泣かせるようなことをしたらやっつける、と伝えたのだ。

「はい。」

【クロウの気配】

突然、星を形どった電球が割れ、破片はさくらと雪兎に降り注いだ。

同じころ、体育館の外にいた小狼も魔力の気配を感じたので、知世を残して体育館の中へ飛び込んでいった。

次々と割れる星からさくらを守るため、ユエが姿を現した。

「ユエさん!」

「私も魔力が戻った今、はっきりわかる。これは間違いなくクロウの気配だ。」

「でもクロウさんは!!」

「…死んだ。」

ユエは瞳を落としてハッキリとクロウの死を告げる。
その時、電球が割れた音に気が付いた人たちが近づいてくる気配を感じたさくらは、杖を取り出し【迷】と【幻】のカードを使用することに。
【星の道】にいた人たちは、【迷】が作り出した迷路と【幻】が生み出した幻想の中を彷徨うことになった。
他の客と同じように迷路の中に入った小狼は、宝剣を取り出す。

「できるか…俺に。」

一方、さくらはクロウの気配を感じとり、真っ直ぐその方向へ走り出す。

「こっち!!」

「待て!!」

制止を聞かず走りだしたさくらを、ユエは見失ってしまう。
さくらはユエとはぐれたことに気づかないまま、まっすぐ走り続ける。

(あそこだ!)

そしてついに、クロウ・リードの気配を一番強く感じる場所を発見したのである。

「…っ!?」

そこにいたのは、先ほど別れたはずのエリオルだったのだ。

その頃、小狼は【迷】が作り出した壁を切りながら先へ進み続ける途中で、ユエと再会する。

「さくらは!?」

「こっちだ!」

ユエは小狼と共にさくらの元へ向かう。

(メイズを破ってきたのか…。)

ユエはチラリと小狼に視線を向け、かつて自分と対峙した時よりも強くなったことに驚きを隠せない様子だった。

【対峙】

エリオルと対峙したさくらは、動揺が隠せずにいた。

「エ、エリオルくん…?」

さくらの問いかけにエリオルは何も答えず、ただ微笑みを浮かべているだけだった。

「どうして…エリオルく…ん…。」

エリオルが持つ杖が赤く光り、さくらの意識はそこで途切れてしまった。

「見つかってしまいましたね。一度に二枚のカードを変えて、私の居場所まで突き止めるとは…本当にさくらさんの力は強くなった。あともう少しです。頑張ってください。」

【迷】の作り出した迷路が解除される。
さくらの元へ向かっていた小狼とユエは、さくらカードが主の元へ向かっていくのを見かけ、すぐにその場に向かって走り出す。

さくらは外にある木の陰に横たわっていた。

「さくら、さくら!!」

小狼が何度も名前を呼んだので、さくらの意識は回復し目を覚ます。

「何があったんだ?」

目を覚ましたさくらに、ユエが問いかける。
しかしさくらは何も覚えておらず、ただ気を失う前にクロウ・リードの魔法陣を見た事を告げる。

「魔法陣の上に…誰かが…。」

その様子を少し離れた木の上で、エリオルと奈久瑠が見つめていた。

「エリオルに言われた通りにやったけど、何の意味があるの??本当にこれでよかったの?」

「ああ、ありがとう。」

エリオルは笑みを浮かべたまま、ジッとさくらたちを見つめていた。

【失恋】

さくらは雪兎に別れを告げ、星條高校を後にする。
友枝中央公園の前で知世とも別れ、その場に残ったのはさくらと小狼の二人だけだった。

「家まで送る。」

そう言う小狼に、さくらはお礼を告げてから「お願いがあるんだけど…。」と切り出した。
さくらは小狼を公園に誘いブランコに乗りながら、雪兎に告白したことを話し始める。

「今日ね、雪兎さんに言ったの。好きですって。」

「っ…そ、そうか…。」

さくらはポツリポツリと、さくらの一番は雪兎ではないこと、藤隆に向ける気持ちと雪兎に向ける気持ちが似ているのではないか、と尋ねられたことを話す。

「考えてみたの。…すごく…似てた。」

「でもね、そうじゃない好きも雪兎さんにはあったの。ほんのちょっとだけど、お父さんとは違った好きが…。」

それから、さくらは雪兎に一番好きな人がいて、さくらもその人が大好きで、その人と雪兎が幸せになれるなら、雪兎の一番好きな人が自分じゃなくてもいいと思ったことを告げる。

「雪兎さんが一番好きな人といられて…それで幸せならそれでいいなって…。」

さくらは以前知世が言っていたことを思い出していた。

「前に知世ちゃんが言ってたの。【大好きな人が幸せでいてくれることが、一番の幸せだ】って。私もね、雪兎さんが一番幸せなら、それが一番うれしいなぁって思ったの。」

そう語るさくらを、小狼は切なそうな表情で見つめている。

「でもね…やっぱりちょっとだけなんだかわからないけど、少しだけ…涙が出そうになって…でも泣いたり悲しい顔したらきっと…雪兎さん困るから…っ。」

さくらの目から大粒の涙が溢れ出てくる。
それを見た小狼はグッと歯を食いしばり、ブランコを降りてさくらの目の前に立った。

「わかってる。」

小狼はスッとハンカチを差し出す。

「ちゃんとわかってる。」

さくらはブランコから立ち上がり、ハンカチを受け取って笑みを浮かべる。

「ありがとう。」

そして小狼の肩に額を乗せる。

「雪兎さん、いつかきっと…私が一番好きになれる人が見つかるって…言ってくれたの。その人もきっと…私のことを一番好きになってくれるって…。」

小狼は自分の肩を濡らすさくらを、そっと抱きしめる。

「見つかるといいな…。大丈夫だ、絶対見つかる。」

「ありがとう…。」

感想

さくらの恋は、儚く散って行きました。
さくら自身も、雪兎の答えはわかっていたんじゃないでしょうか?
雪兎への気持ちが、藤隆に向けるものと似ていることには気が付いていませんでしたが、それでも雪兎が大切に想う人がいることを理解していたんだと思います。
今回の告白は、自分の気持ちに決着をつけるものではないでしょうか?
さくらは、たとえ自分の恋が実らなくても、その想いを伝えないまま終わらせるのはダメって、第19話で感じたのです。
それは、幼いころに大好きなお母さんを失くしてるからこそでしょう。
でもさくらの失恋を知って、雪兎を想って涙するさくらを支える小狼の姿は、今見ても辛い。
だって小狼はさくらのことを想っているんです。
さくらの恋が終わり、小狼にもチャンスが巡ってきたわけですが、雪兎を想って泣くさくらを見てしまったら自分の気持ちを告げる事なんてできないと思います。
自分の気持ちを押し殺し、ただ涙を流すさくらを支える姿に、もう涙が止まりませんでした。

ところで、第20話でさくらは星條高校の文化祭に出掛けていますが、原作では友枝小学校の模擬店大会に雪兎が遊びに来ています。
第19話から、少しずつ原作と異なる展開を迎えているので、気が付いたところはこうして感想でお伝えして行こうと思います。

カードキャプターさくらシリーズを見るならU-NEXTがオススメ!

配信中のシリーズ
・カードキャプターさくら クロウカード編(全46話)
・カードキャプターさくら さくらカード編(全24話)
・カードキャプターさくら クリアカード編(全22話)

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
カードキャプターさくら『さくらカード編』第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~カードキャプター・再始動~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~新しい杖、新しい呪文、新しいカード!新しいことばかりで楽しい~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~さくらカード編の人間模様は複雑ww~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第4話のあらすじ・ネタバレ・感想~第4話にして彼の正体が明らかになる!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第5話のあらすじ・ネタバレ・感想~テディベアがキーパーソン~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~胸キュン展開が続く~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~無茶をするのが小学生!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~愛してるから許せなかった~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~二次元の世界にいざゆかん!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~ケロちゃんはお兄ちゃん気質~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと!やっとこの日がやってきました!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~ユエはともかく、ケルベロスをそのままにするのは経済的に難しそう~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第13話のあらすじ・ネタバレ・感想~特別な力はないけれど、知世ちゃんが一番すごいんだ!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第14話のあらすじ・ネタバレ・感想~それも一つの愛なんだ~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~傍にいるモノにこそ感謝しよう!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~いよいよクライマックスへ!予知夢も始まったよ!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第17話のあらすじ・ネタバレ・感想~温水プールいってみたい!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第18話のあらすじ・ネタバレ・感想~胸がキュンキュンする~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第19話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにこの日がやってきた~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第21話のあらすじ・ネタバレ・感想~誰かの幸せを願える人って素敵だな~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第22話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついに現れる黒幕!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第23話のあらすじ・ネタバレ・感想~さくらちゃんなら絶対大丈夫だよ!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』最終回のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと見つけたさくらの本当に好きな人。こんな美しい恋愛見たことない!~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP