君に届け 2ND SEASON 第2話ー2年生ーのあらすじ・ネタバレ・感想~高校2年生スタート!~ | VODの殿堂

アニメ

君に届け 2ND SEASON 第2話ー2年生ーのあらすじ・ネタバレ・感想~高校2年生スタート!~

   
 

タイトル:君に届け 2ND SEASON 第2話ー2年生ー
放送局:日本テレビ系
声優:黒沼爽子・能登麻美子
風早翔太・浪川大輔
吉田千鶴・三瓶由布子
矢野あやね・沢城みゆき
真田龍・中村悠一
荒井一市(ピン)・小野友樹
平野依里子・牧口真幸
遠藤朋美・宮川美保
胡桃沢梅・平野綾
三浦健人・宮野真守
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年4月30日までは視聴可)

バレンタイン、爽子は日頃から接している人達に手作りチョコレートを渡しました。
風早の分も用意していた爽子でしたが、風早にはなかなか渡すことができませんでした。
この状況で放課後になってしまいます。
ピンに呼ばれていた風早が帰るまで、爽子は待っていました。
風早を待っていた爽子は、風早が用事を済ませた後に声をかけようとします。
しかしタイミング悪く、胡桃が風早に声をかけ、チョコレートを渡してしまいました。
本命という理由ではなく、最初で最後という状況で胡桃は風早にチョコレートを渡すことができました。
この状況を見ていた爽子に気づいた胡桃は、爽子に意地悪な言葉を投げかけます。
爽子は胡桃の言葉で、風早に対する自分の気持ちに気づき、チョコレートを渡すことが出来ませんでした。
一方風早は、爽子からチョコレートを貰えず、がっかりしていました。
果たしてこの状況で、爽子と風早は年末年始のように距離を縮められるのでしょうか?

スポンサーリンク

~あらすじ~

ー学校の玄関ー

今日から2年生になった爽子は、貼り出されていたクラス替え発表の紙を見ていた。

「卒業までまた2年、よろしく!」

千鶴とあやねが爽子に話しかける。

ー教室ー

―――夢みたい。

爽子は風早とも同じクラスになり、嬉しさを感じていた。

「おはよう」

風早が爽子に挨拶をする。

ーーーあの様子じゃ、相変わらずか・・・。

あやねが爽子と風早を見つめながら考えていた。

ー教室前の廊下ー

あやねはバレンタインの日、爽子が風早と何があったのか気になっていた。

ーーー爽子、恋愛はタイミングなんだからね!

爽子に対し、あやねは心の中でエールを送る。

ー体育館ー

爽子は始業式の時、胡桃を発見する。

ーーー他に好きな人がいるのかな。

胡桃を見た後、爽子は風早を見て考えていた。

ー教室ー

ーーーやっぱり、欲張りすぎなのかな・・・下心なのかな。

自分の席に座っていた爽子は、風早に対する気持ちについて考えていた。
隣の席に男子生徒が座る。

「あ」

爽子と目が合った男子生徒は、バレンタインの日に階段で爽子の話題をしていた男子生徒だった。

「あーーー!貞子ちゃん、じゃん!?」

バレンタインの日を思い出した男子生徒が、爽子に話しかける。

「俺、三浦健人!」

爽子と握手をしながら、高いテンションで健人は話しかける。

「よ、よろしくお願いします・・・!」

戸惑いながらも爽子は、健人と話す。
この時健人は、爽子の前髪を触る。

「なんだ、眉毛あるんじゃん」

こう話す健人に、爽子は固まってしまう。
この状況を見た風早は、慌ててしまう。
健人は気にせず自分のペースで爽子に話し続けていた。
ホームルームの時間、委員を決めることになる。
担任のピンが独断で、クラス委員を決めようとする。

「目立つじゃん?」

こう話しながら健人がクラス委員に立候補する。
この時遠藤が、爽子を生活委員に推薦する。

「花壇の世話、いつもしてたでしょう?」

遠藤は爽子に話しかける。
自分が花壇の世話をしていたことを知っていた遠藤に対し、爽子は感動する。

「ありがとう」

涙目になりながら、遠藤に感謝する。

ーーー笑うんじゃん。

健人はこう思いながら爽子を見つめる。

ー廊下ー

爽子の前に風早が現れる。

「じゃあな!」

少し会話をした後、風早は友達に呼ばれその場を後にする。

ー学校の階段ー

風早は、爽子のことを考えていた。
「やっぱ先帰ってて!」

風早は友達にこう話す。

ー図書室の前ー

あやねがピンを発見し、お礼を伝える。
クラス替えのメンバーのことを、あやねは事前にピンにお願いしていたのだった。
しかし、あやねのお願いで今回のクラス替えのメンバーが決まったわけではないことを知り、あやねは驚く。

「高校の2年3年なんて、いろんな行事があるじゃねーか」
「そんなせっかくの一番楽しい時期だ、仲いい奴らはなるべく離さないでやってほしいと思うのが、人情ってもんだろう」

ピンは淡々と話し続ける。
真面目に話した後、ピンはいつもの調子に戻る。
呆れたあやねは、その場を去ろうとする。

「お前らは仲いいな!」
「2年間、じゅーぶん楽しめよ!」

あやねの後ろ姿を見ながらピンはこう言い放つ。

ー高校の中庭ー

爽子は花壇の手入れをしていた。

ー教室ー

風早は教室にいた。
そこへあやねが現れる。

「まだ残ってたんだ?」

あやねは風早に話しかける。
風早は花壇の手入れをしている爽子を見ていた。

「あんた彼女とか作らないの?」

風早が爽子のことを見ていたことに気づいたあやねは、風早に質問する。

「協力はいらない」
「誰が好きとかそういうのは、本人に一番最初に言いたいから」

協力しようとしたあやねは、風早にこう言われてしまう。

ー道端ー

あやねは1人で歩いていた。

ーーータイミングが合わなかった時は、それまでか・・・。

爽子と風早のことを考えていた。

ー教室ー

花壇の手入れを終えた爽子が、教室へ戻って来る。
爽子は風早がいて驚く。

ーーーどうしよう、息が詰まりそう。

爽子は緊張してしまう。

「一緒のクラスになれた、よかった」

風早は笑顔で爽子に話しかける。
爽子も緊張しながら、風早と会話する。

「俺・・・黒沼にとって男子の中じゃ一番近い存在かと勝手に思ってたけど、そうでもなかった」
「俺・・・自惚れてたから」

風早は自分の気持ちを爽子に伝える。

「えっと・・・」

爽子は戸惑ってしまい、どう答えたらいいかわからなくなってしまう。

「ごめん、こんなこといきなり言われても困るよな・・・ばいばい」

風早は教室を出てしまう。

ーーー違うよ。

爽子は心の中で否定するが、風早に話しかけることができなかった。

ー教室の前ー

健人が現れる。
健人は風早を見た後、爽子を見ていた。

ー教室ー

ーーただ、どう答えても私が言うと、特別な意味になっちゃうんだよ。

風早のことを爽子は考えていた。

~感想~

バレンタインの日に、階段で会った男子生徒が同じクラスになるとは、ちょっと意外でした。
この健人という男子生徒は、風早とはまた違う雰囲気ですがモテそうですね。
実際にモテてるシーンはまだないので、あくまで予想ですが・・・(笑)
健人が爽子に話しかけているところを見た風早は、とても気にしていました。
やっぱり風早は、爽子のこと好きなんですね~(笑)
放課後風早は、爽子に自分の気持ちを伝えました。
自分の気持ちを伝えたことには間違いないのですが、微妙な言い回しでした。
ハッキリと告白をしたというわけではない、この風早の微妙な言い回しにちょっとイラっとしてしまいました。
これなら爽子も、イマイチ理解をすることができず、どう答えていいかわかりませんよね。
爽子は恋愛経験が豊富というわけではないのですから。
これは風早ずるいな~なんて思ってしまいましたよ。
爽子の口から好きだと言われるのを待っているような感じがしてしまいました。
そして自分がフラれたような感じの雰囲気を出して、1人でさっさと帰るなんて、風早・・・あんまりじゃないですか(笑)
これは爽子も戸惑ってしまいますし、よくわからない風早の自分の気持ちの伝え方に対し、自分の想いを伝えることなんてできませんよね。
一方この状況を、健人は偶然目撃してしまいました。
勘が鋭い健人は、爽子と風早の雰囲気を理解したような感じでした。
果たして健人がどのような行動に出るのか、次回が楽しみですね!

君に届け 2ND SEASONをU-NEXTで見るならこちら

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP