「ちはやふる」第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~かなちゃん、確保~ | VODの殿堂

アニメ

「ちはやふる」第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~かなちゃん、確保~

   
 

タイトル:「ちはやふる」第6話(全25話)
放送局:日本テレビ
キャスト:綾瀬千早:瀬戸麻沙美、真島太一・宮野真守、大江奏:茅野愛衣など
視聴したVOD:hulu(2019年9月13日時点では閲覧可)

「かるたは、もうやってない」と言った新の言葉がどうしても気になり千早と太一は新が住む福井へとやって来ました。
新の家で「かるたをやろう」と並べ始める千早。
そのかるたを、蹴散らす新…
新は、数年前、自分が祖父を介護する日に、A級に上がるためのかるた大会に出てしまったのです。
その時に発作を起こした祖父は病院に行くのが遅れ、亡くなっていたのです。
新はそれを悔いて、二度とかるたはやらないと心に誓ったのでした。
千早の手紙で、自分がした行動を反省した新は、千早たちが乗った電車を自転車で追いかけます。
千早と太一もそれに応え、必死で手を振り心が通い合った3人でした。
太一は、千早に「日本一のかるた部を作ろう」と宣言します。
千早は、かるた部を発足し、入部希望者は現れるでしょうか?

それでは「ちはやふる」第6話のあらすじです。

『ちはやふる』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月23日(水)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ第六首 けふここのへににほひぬるかな

かるた部まず2名から

千早と太一は畳を3枚運んでいる。
「何あれ?畳?」

「あれ綾瀬千早だろ?かるた部の無駄美人だ」
「後ろにいるのは1組の真島じゃん」
「真島って、実力テストで学年トップだった?」
「えー?かるた部?無駄ー」
と、サッカー部員や帰宅途中の生徒が噂をする。

女帝(女教師のあだ名)に頼んで使っていない物置をかるた部の部室として使うことになる。
千早は「あと3枚だよ」と太一に言う。
「えーまだ行くの?もうこれでいいじゃん」とヘトヘトの太一。
千早は「何言ってんの?おじさんわざわざ取っておいてくれたんだからね。それにあと3人入れば正式な部にして、顧問の先生つけてくれるって」と言う。
「あと3人も見つかるかよ。俺ビックリしたよ、千早があんな風に思ってたなんて。目標はクイーンなのか?ただ新に言われたからだろ?」と聞く太一。
「…う…ん…とにかく畳あと3枚持って来よう」と立ち上がる千早。

弓道部の大江奏は、ただ和服が着たいという理由で弓道部に入っていた。
そのため、今日も練習をサボり大好きな百人一首を歌っている。
「袴でランニングなんて、そんなはしたないこと…できない」と思い廊下を歩いている奏。
ふと、掲示板の千早が書いたかるた部のチラシが目に入る。

十二単を着た女性の絵が描かれている。
奏は(1年2組綾瀬千早さん、みんなが振り返る上品で華やかなあの方が、百人一首をたしなむ相手を募集していらっしゃる…私が扉を叩くべきはこっちだった)と思いつく。
かるた部とは、着物を着て優雅にかるたを取る部だと、勘違いした奏は部室をのぞきに行く。

百人一首は好きだけど…

そーっと窓からのぞいてみると、かるたが勢いよく目の前のガラスに当たる。
慌てて隠れる奏。
「え?今の何?」
千早と太一が激しくかるたの取り合いをしている。
自分が想像していたものとは、かけ離れたものがそこに展開していた。
千早が「勝ったー、太一も強くなったね、前半結構取られたし」と言ってジュースを飲む。

太一が「俺、千早が序盤弱い理由がわかったかも。耳の良さに甘えて正確に覚えていない…」と言う。
「え?そんなことないよ、今日はたまたまだよ。白波会では前半も取れるもん」と言う千早。
太一は「お前、白波会でしか練習してないだろ?同門だと配置が似るから覚えやすいだけだ。俺の配置では前半お手付きも多かった。…つまりバカってことだな」と言う。

その時、奏が小石を踏んだ音が千早の耳に入る。
窓のところにいる奏を見つけて、目が輝く千早。
奏は急いで逃げて行く。

中学のとき、陸上部だった千早はすぐに追いつき「かるた好き?」と聞く。
奏は「小倉百人一首は鎌倉時代、藤原定家が天智天皇から……」と百人一首の始まりと自分がなぜ百人一首が好きかを切々と語り出す。
千早は「う…うん、それで競技かるたは好き?」と聞く。
「袴は着用しないんですか?」と言う奏。
千早は「私は着た事ないなぁ…太一もないよね」と言う。
「ま、普通は着ないよな」とめんでくさそうに言う。
奏は「どうして?!歌遊びは宮廷維新のもの、十二単とまでいかなくても、袴くらいは着るべきでしょ!剣道部も弓道部も袴なしでは…成り立ちませんよ」と怒る。
どうも奏の家は呉服屋で「最近は安い浴衣しか売れなくて、来年のカタログのモデルさんも頼めない」と嘆く。
泣きながら帰って行く奏。
太一は「あの子は競技かるた向いてないよ」とつぶやく。

かるたの持つ意味

奏が図書室で本を読んでいると「へぇー難しい本読むんだね」といつの間にか千早が隣にいる。
驚いて立ち上がる奏。
千早は「弓道部の子に聞いて来ちゃった。大江奏さんだよね?かなちゃんだ。かなちゃん、かるた好きなんだよね?一緒にやろうよ」と声をかける。
奏は「私の好きと綾瀬さんたちの好きは性質が違います。あんな情緒もへったくれもない競技…失礼します」と言って、さっさと行ってしまう。

放課後、「かーなちゃん、ねぇ見学だけでも来ない?」と奏のクラスに行く千早。
「弓道部の練習がありますから」と頑なに拒否する奏。
「かなちゃん、待って」と追いかけようとする。
太一が「やめとけ、あの子は向いてないよ」と止める。

奏の呉服屋に来た千早。
奏は着物を着て、留守番をしていた。
「きれーだね、こんな近くで着物見るとかなちゃんが着物好きなのわかるよ」と言う千早。
「何度も言いますが、私の好きと綾瀬さんたちの好きは性質がちがうんです」と言う奏。

千早は「でも私もちゃんと歌として好きなのあるよ。“ちはやぶる かみよもきかずたつたがわ からくれないにみずくくるとは”意味も知ってるよ。竜田川が真っ赤に絞り染めしてるチョーきれいな景色って意味」と言う。

奏は「私はこの歌を激しい恋の歌だと思っています。二条の妃が入内される前、在原業平と恋愛関係にあったことはご存知ですか?業平はその女性が忘れられず、情熱をこの景色に隠したと言われています。ちはやぶるとは、神の枕詞で勢いが激しい事を表し、水くくるには、水をくぐるという説と、絞りのくくりと両方ありますけど水をくぐるモミジの紅色は、離れても秘めずにはいられない恋心だと思います」と説明する。

かるた部3人

「かなちゃん、すごいすごい、もっと教えて」とノートとペンを出してメモっていく千早。
奏も大好きな和歌の話を、熱心に聞いてくれる千早の反応が嬉しかった。
“知らなかった、…あの札の向こうに、色や温度がある世界があるなんて、私何も知らなかった…”

“私、今まで音としか付き合ってこなかった、意味で繋がる事もできるんだ。黒い文字だけだった札が、ここにいるよって教えてくれる”
千早は、どんどん調子が上がってくる。

今日も窓から見ている奏に「私の先生が言ってたんだ。かるたと友達になれって。かなちゃんはもう百首と友達だよ、強くなれるよ」と言う千早。

奏の入部の条件は、千早が奏の呉服屋のカタログモデルになることと、試合の時は袴を着ること。
奏の提案で、物置同然の部室を片付けて掃除をする3人。

“新とまた、かるたがしたい、かるたは楽しいよって、仲間がいるのは楽しいよって伝えたい。新しい仲間のかなちゃんが教えてくれたよ、ちはやぶるは、真っ赤な恋の歌なんだ”…つづく

感想

かるた部、入部する人がいなくて困っているけど…
千早は、すれ違ったら振り返るほどの美人だし、太一も成績は学年トップで、しかもイケメン。
こんな2人がいる部活に、人が集まらないはずがないでしょ?
ってツッコミいれたいですよね。
やっと入った、かなちゃんは、和歌に詳しすぎるくらい詳しくて、普通だと、入部できない気がしてきた…
(って入部するんかーい)
上品な、かなちゃん、袴でランニングすること自体許せないみたいでした。
かなちゃんに、札の意味を教えてもらって、途端に調子があがってきた千早、かるた部にピッタリなキャラですよね。
でも、かなちゃんの呉服店、お客さん全く来てませんでしたね。
カタログのモデルどころじゃないでしょ。
食べていけてるのが、不思議です。
お父さん、アルバイトかなんかしてるのかな(笑)
いやしかし、着物着た千早が超美人で驚きました。
千早と、かなちゃんの身長差がすごいありました。
確か、千早は167~168㎝だから、かなちゃんが150㎝あるかないかぐらいでしょうね。
このまま、しばらくは千早の高校のかるた部の話が、続きそうですね。
新の登場は、ちょっと先になりそうです。
次回は、コンプレックスの塊、通称つくえくんが入部することになりそうですよ。

ちはやふるシリーズを見るならhuluがオススメ!

配信中のシリーズ
・ちはやふる(アニメ)
・ちはやふる2(アニメ)
・ちはやふる-上の句-(映画)
・ちはやふる-下の句-(映画)
・ちはやふる-結び-(映画)
・ちはやふる-繋ぐ-(スピンオフドラマ)

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額1,026円(税込)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「ちはやふる」第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~太一の嫉妬~
「ちはやふる」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~千早、クイーンに憧れる~
「ちはやふる」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~チームちはやふる~
「ちはやふる」第4話のあらすじ・ネタバレ・感想~太一、高級チョコを買う~
「ちはやふる」第5話のあらすじ・ネタバレ・感想~新の真実を見つけた~
「ちはやふる」第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~机くんは、ジャムパンにつられたわけじゃない~
「ちはやふる」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~本当はかるたに未練があった肉まんくん~
「ちはやふる」第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~太一と千早のドキッとする瞬間…~
「ちはやふる」第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~太一の頭ポンポン~
「ちはやふる」第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~瑞沢、ファイトー~
「ちはやふる」第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~女帝が引率?~
「ちはやふる」第13話のあらすじ・ネタバレ・感想~次は試合で。by新~
「ちはやふる」第14話のあらすじ・ネタバレ・感想~若宮の眉間にシワが~
「ちはやふる」第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~これ、スノー丸っていうんですか?~
「ちはやふる」第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~まさか、太一が“乳”発言~
「ちはやふる」第17話のあらすじ・ネタバレ・感想~千早が唯一集中できるもの~
「ちはやふる」第18話のあらすじ・ネタバレ・感想~桜さんの“ラッキー”~
「ちはやふる」第19話のあらすじ・ネタバレ・感想~かなちゃん親子はウリ双子~
「ちはやふる」第20話のあらすじ・ネタバレ・感想~太一、感動をありがとう~
「ちはやふる」第21話のあらすじ・ネタバレ・感想~梨理華のラッキーマーク~

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP