カードキャプターさくら『さくらカード編』第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと!やっとこの日がやってきました!~ | VODの殿堂

アニメ

カードキャプターさくら『さくらカード編』第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと!やっとこの日がやってきました!~

   
 

タイトル:カードキャプターさくら『さくらカード編』ーさくらと小狼とエレベーターー
放送局:NHK
アニメーション制作:マッドハウス
キャスト:木之本桜:丹下桜/ケルベロス:久川綾、小野坂昌也/大道寺知世:岩男潤子/李小狼:くまいもとこ/月城雪兎・ユエ:緒方恵美/木之本桃矢:関智一/木之本藤隆:田中秀幸/クロウ・リード:林一夫
視聴したVOD:U-NEXT(2019年09月05日時点では閲覧可)

さくら、知世、小狼、エリオルの4人は、ともにテディベア展へ出かけることになりました。
さくらたちは可愛らしいテディベアに夢中です。
しかし小狼は、テディベアよりもさくらを目で追っていました。

そして帰り道、事件が起こります。
さくらと小狼がエレベーターに乗った途端、急にドアが閉まって閉じ込められてしまったのです。
真っ暗なエレベーターの中で、涙ぐむさくらを必死に宥める小狼は、ついに恋心を自覚するのです。

クロウカード編から、ヤキモキすること10話以上!
ようやく小狼がさくらへの思いを自覚しますよ!

『カードキャプターさくら』さくらカード編配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
dアニメ 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年1月28日(火)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

【テディベア】

帰宅した小狼は、まっすぐに机に向かって鞄を下ろす。
机には、小狼が作ったテディベアが鎮座していた。

脳裏に浮かぶのは、小狼の名前を呼ぶさくらの姿だった。

「だから違うって!!なんであいつが!!」

小狼は頭を抱えてベッドに倒れ込んだ。

「どうしたんだ俺…どうしてあいつのことばかり…。」

『落ち着いて己の心を向き合えば、真に己が想う者がわかる。』

それは以前ユエに言われた言葉だ。

「真に…己が想う者…。」

【視線の先】

学校に登校したさくらの元へ、利佳があるチラシを持ってやってくる。
それはテディベア展のお知らせで、くまさんが好きなさくらのために持って来たそうだ。
さくらは明日、知世とエリオル、そして小狼を誘って、テディベア展に出掛けることを決めた。

さくらに誘われた小狼の心中は、荒れ模様だった。
さくらに話しかけるだけで、心臓がドキドキとうるさく音をたて、無意識に彼女を視線で追っている自分に気が付いたからだ。

「はぁ~…。」

放課後、小狼は中庭にある噴水の前で深いため息をついていた。
ちょうどその時、さくらの声が聞こえてきた。
さくらは知世と一緒に、噴水の近くにあるベンチに座り、小狼は思わず噴水の陰に隠れてしまった。
小狼は噴水の影から、こっそりさくらたちの様子を伺う。

小狼の視線は、知世と楽しそうに話しをするさくらに釘づけだった。

「可愛いですね。さくらさん。」

明らかに不審な行動をとる小狼の元へ、エリオルがやってきた。
小狼は慌てて立ち上がり、さくらを見ていたわけではないと否定する。
しかし上手く言葉にすることができなくて、結局逃げるように走り去ってしまった。

「正直な人だ。」

エリオルは何か思いついたようで、怪しげな笑みを浮かべていた。

その頃、走り去った小狼は、商店街のあたりで雪兎に遭遇。
混乱したまま走り続けていたので、前から来る雪兎に気づかず、ぶつかってしまったのだ。

「元気ないね。学校で何かあったの?」

雪兎の質問に、小狼は「別に…。」としか答えることができなかった。
小狼は流れのままに、雪兎の買い物に同行することになる。

「今日ね、さくらちゃんに夕飯誘われてるんだ。」

さくら、という名前に小狼はピクリと反応し、頬を赤らめる。
雪兎はいつも夕飯に誘ってくれるさくらにお礼をするため、クッキーの型を買いに来たのである。

「そうだ!よかったら一緒に選んでくれる?」

「え?俺が…?」

「うん。」

雪兎はしっかり頷くので、小狼は目の前にあるクッキーの型を真剣に見つめる。
そしてその中から、くまさんのクッキーの型を見つけ、手に取った。

「あ、くまさんだね。さくらちゃん大好きだもんね。」

「べ、別にこれは…!!」

「ふふふ、僕のはこれ!」

雪兎が取り出したのは、明らかにクッキー型ではなさそうな大きな型だった。
雪兎はそれが気に入っているようだが、さくらには大きすぎるのではないかと心配していた。

「あ、あなたが作ったものなら、喜んで食べると思います…。」

そう言葉を発した小狼の表情は、どこか暗いものだった。

「君はさくらちゃんのこと、とっても好きなんだね。」

「ど、どうして…お、俺が…っ!」

小狼は雪兎の前から逃げ出してしまった。
思うままに走り続ける小狼は、ようやくペンギン大王のところで腰を落ち着ける。

「俺が…あいつを…好き…。」

太陽は沈み月灯りが照らす暗い部屋に、小狼は戻ってきた。
いつものように机に向かい、鞄を下ろす。
そしてポケットの中に入れてあった携帯電話を取り出すと、留守番メッセージが残されていることに気が付いた。
相手はさくらだった。

『明日の朝、10時に友枝駅待ち合わせでどうかな?もし都合が悪いようなら連絡ください。それじゃあ。』

小狼は電話を切ったあと、机の上に飾られたぬいぐるみを手に取る。
ぬいぐるみに向ける顔は、動揺することはなかった。

【テディベア展】

翌日、4人はテディベア展へ。

さくらはテディベア展に大満足。
しかしもう少し早く見ることができれば、以前作ったテディベアをもっと上手に作ることができたのに、と落ち込んでいた。

「そういえば李君はできましたか?」

「何が?」

エリオルの質問の意味が分からない小狼は、そのまま問い返す。

「くまのぬいぐるみですよ。」

「買われてましたよね?前に、手芸屋さんで。」

エリオルと知世がニコニコとした笑顔のまま、小狼に問いかける。

「李君も買ってたの!もう誰かにあげた?」

さくらは嬉しそうに声を上げ、小狼に質問。

「くまも見終わったし、日が暮れる前に早く帰ろう。」

顔を真っ赤にしたまま、小狼はさくらの質問に答えず、そのまま出口に向かって歩きはじめてしまった。

「李君!ちょっと待ってよ!」

さくらは慌てて小狼を追いかける。
知世と2人その場に残ったエリオルは、去っていく2人の背中を見ながら笑みを浮かべていた。

【エレベーター】

エレベーターの前に辿りついた小狼は、くだりボタンを押したあと、深いため息をつく。

「何やってんだ…俺…。」

自分の不審な行動に、頭を抱える小狼。
そこへさくらが追い付いてきた。

「もう…歩くの速いよ。」

エレベーターが到着し、2人はエレベータ―の中へ。
小狼は追いかけてきている知世とエリオルを待つため、開くボタンを押す。

「あ、早く早く!」

さくらがやってきた2人に手を振る。
その時、エリオルが動いた。

エリオルの魔法により、エレベーターに異常が発生。
小狼がずっと開くのボタンを押していたはずなのに、ガタガタと音を立てて勢いよくドアが閉まってしまったのだ。
さらに電気が消え、さくらと小狼は暗闇に閉ざされたエレベータ―に閉じ込められてしまったのである。

「あら…?どうしたのかしら?」

外に残った知世が、何度もボタンを押すが、エレベーターはうんともすんとも言わない。

「故障かもしれません。係の人を呼んできます。」

「お願いします。」

エリオルはそう言って、知世の傍を離れる。
しかし向かったのは係員の場所ではなく、人気がない場所だった。

一方、エレベーターに残されたさくらと小狼は途方に暮れていた。
緊急連絡用の電話も使用できず、ついにさくらは泣きだしてしまった。

「そのうち助けが来る。だから、泣くな。」

小狼は持っていた札を使い、エレベーターの中を明るく照らす。
その行動に、さくらは笑みを浮かべ、涙を拭い、取り出したハンカチを床にソッと敷いた。

「ねぇ座らない?ずっと立ってるの疲れるし。」

「あ、あぁ…。」

小狼はその場にしゃがみ込もうと膝を曲げる。

「そのまま座るとお洋服汚れちゃうから、こっちで一緒に座ろう。」

「えぇ!?」

さくらの誘いに、小狼は思わず叫んでしまったが、しぶしぶ隣に座ることに。

その後、さくらは鞄の中から、小さなクッキーを1枚取り出して、小狼に差し出す。
それは雪兎が作った、くまの形をしたクッキーだった。

「これ、李君にあげるよ。」

「お前が貰ったんだ。お前が食べればいい。」

「じゃあ半分個にしよう、はい。」

小狼が断ると、さくらはクッキーを半分に割る。

「美味しいよ、雪兎さんのクッキー。」

さくらからクッキーを受け取った小狼の瞳は、揺れ動いていた。
それが影響したのか、札の炎も大きく揺らぎ、そのまま消えてしまった。

「ほえ!?」

エレベーターの中は、再び闇に閉ざされてしまった。

エリオルは人気がない場所で魔法を使う。

するとエレベーターの階数を知らせるランプが、ランダムに光りはじめた。

「あ!動いたよ!」

さくらはエレベーターが動き出したと思い、スッと立ち上がる。
しかしタイミング悪くエレベーターが大きく揺れ、さくらはバランスを崩してしまった。

「きゃあ!!」

さくらが倒れる先の壁が、なぜか徐々に消えていく。
小狼は慌てて立ち上がり、さくらに向かって手を伸ばした。

「きゃあぁぁぁぁあっ!!」

しかし小狼の手は届かず、さくらは悲鳴を上げながら暗闇の底に消えていった。

エレベーターに取り残された小狼の脳裏に、落ちていくさくらの姿が繰り返し流れる。

「っ…さくらぁぁぁぁぁぁっ!!!」

すると、底の方で何かが強く光りはじめた。
小狼が顔を上げると、そこにはさくらの姿がある。
さくらは【浮】のカードを使用して、エレベーターの底から戻ってきたのだ。

「フロートのカード使っちゃった!」

笑顔を見せるさくらを、小狼はギュッと抱きしめる。

「よかった。」

エリオルは魔法を解除。
エレベーターは無事普及し、さくらが落ちた穴も綺麗になくなっていた。

「李君!さくらちゃん!」

エレベーターのドアが開き、知世が2人に声をかける。
小狼は目ざとい知世に気づかれないように、サッとさくらと距離を置いていた。

「知世ちゃん!」

「よかったですわ…ご無事で…。」

エリオルもこっそり3人に合流。
さくらたちから少し離れた場所にいる小狼に視線を向け、「よかったですね。」と小さくつぶやいた。

【真に己が想う者】

テディベア展から帰った小狼に、電話がかかってくる。
電話の相手はさくらだった。
さくらは今日のお礼が言いたくて、小狼に電話をかけたのである。

『私ね、李君がエレベーターの中で、【さくら】って呼んでくれた時、すっごく嬉しかったよ。』

さくらは、もっと小狼と仲良くなれた気がすると語る。

『ねぇ、私も小狼君って呼んでいいかな?』

「えっ!?…好きにしろ。」

『うん!小狼君!それじゃあまた明日、学校でね!』

「ああ。」

電話を切った小狼は、窓を開け夕焼け空を見つめる。
秋の風が、とても心地良さそうだった。

感想

ついに小狼が、自分の本当に好きな人を見つけました。
彼がいつさくらを好きになったのか、それははっきりわかりません。
確実なのは【クロウカード編 第33話】の愛スケート場以降だと思います。
そう考えると、カードキャプターさくらファンは、約24話ほどヤキモキさせられていたんですね。
ようやく自覚してくれて、本当によかったと思います。
無自覚な恋と自覚した恋心では、そのパワーが全く違うので、小狼にはこれから頑張ってほしい!と言いたいところなのですが、小狼の恋は自覚した時に失恋しているようなものなんですよね。
何故なら、さくらが好きなのは、月城雪兎だからです。
雪兎の正体がユエと知っても、さくらの雪兎への気持ちは変わることはありませんでした。
そのため、小狼の恋心は自覚した瞬間に終わったようなものだったのです。

カードキャプターさくらの世界では、相手に想いを伝えようと、積極的に行動する人がとても少ないです。
小狼も、さくらへの想いを自覚したからといって、自分の方に振り向いてもらおうとは考えません。
彼も知世と同じく、自分じゃない誰かとでもいいから、さくらが幸せであってほしいと願うタイプなのです。

小さいころ、そんな小狼の恋心に私は夢中になりました。
小狼がさくらに向ける恋心が、すごくキラキラ輝いて見えたのです。
当時のアニメ的恋愛表現といえば、ライバルを蔑み、絶対に自分の物にする!という展開が多かったので、「こんなに美しい恋があるのか!」と感動したのです。

さてさくらカード編は、ここからが面白いんです。
恋を自覚した小狼は、さくらに対して今まで以上に優しくなります。
さくらと呼ぶ声も最高です。
最終的には恋人という立ち位置になる2人ですが、雪兎に恋するさくらが、何故小狼を好きになったのか?
その理由を噛み締めながら、これからのさくらカード編を見守っていきましょう。

カードキャプターさくらシリーズを見るならU-NEXTがオススメ!

配信中のシリーズ
・カードキャプターさくら クロウカード編(全46話)
・カードキャプターさくら さくらカード編(全24話)
・カードキャプターさくら クリアカード編(全22話)

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額2,189円(税込)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
カードキャプターさくら『さくらカード編』第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~カードキャプター・再始動~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~新しい杖、新しい呪文、新しいカード!新しいことばかりで楽しい~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~さくらカード編の人間模様は複雑ww~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第4話のあらすじ・ネタバレ・感想~第4話にして彼の正体が明らかになる!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第5話のあらすじ・ネタバレ・感想~テディベアがキーパーソン~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~胸キュン展開が続く~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~無茶をするのが小学生!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~愛してるから許せなかった~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~二次元の世界にいざゆかん!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~ケロちゃんはお兄ちゃん気質~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第12話のあらすじ・ネタバレ・感想~ユエはともかく、ケルベロスをそのままにするのは経済的に難しそう~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第13話のあらすじ・ネタバレ・感想~特別な力はないけれど、知世ちゃんが一番すごいんだ!!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第14話のあらすじ・ネタバレ・感想~それも一つの愛なんだ~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第15話のあらすじ・ネタバレ・感想~傍にいるモノにこそ感謝しよう!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第16話のあらすじ・ネタバレ・感想~いよいよクライマックスへ!予知夢も始まったよ!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第17話のあらすじ・ネタバレ・感想~温水プールいってみたい!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第18話のあらすじ・ネタバレ・感想~胸がキュンキュンする~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第19話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにこの日がやってきた~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第20話のあらすじ・ネタバレ・感想~恋に終止符を打つのって本当に勇気がいるね~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第21話のあらすじ・ネタバレ・感想~誰かの幸せを願える人って素敵だな~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第22話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついに現れる黒幕!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』第23話のあらすじ・ネタバレ・感想~さくらちゃんなら絶対大丈夫だよ!~
カードキャプターさくら『さくらカード編』最終回のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと見つけたさくらの本当に好きな人。こんな美しい恋愛見たことない!~

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP