まじっく快斗1412(9話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ファントム・レディ~ | VODの殿堂

アニメ

まじっく快斗1412(9話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ファントム・レディ~

   
 

タイトル:まじっく快斗1412(9話)
放送局:読売テレビ
キャスト:黒羽快斗/山口勝平、中森青子/M・A・O、中森銀三/石塚運昇、黒羽盗一/池田秀一、寺井幸之助/羽佐間道夫、白馬探/宮野真守など
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年9月6日時点では視聴可)

U-NEXTでは『まじっく快斗1412』全24話を無料で配信中
見逃しちゃった…レンタルは面倒!というあなたは今すぐU-NEXTをチェック!

※視聴するにはU-NEXTに登録が必要ですが、31日間は無料。不要な場合、解約すれば料金はかかりません。


キッド関連の映画も無料配信中!

世紀末の魔術師
銀翼の奇術師(マジシャン)
探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)
天空の難破船(ロストシップ)
業火の向日葵

紅子に操られ、気性が荒くなった中森警部に捕まえられそうになった快斗だったが、なんとか逃げきる事が出来た。
9話では、盗一と千影の馴れ初め秘話が明らかに…!?
千影の正体とは?
9話のあらすじです。

『まじっく快斗1412』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2019年10月16日(水)時点のものです。

あらすじ

〈青子に変装〉

快斗はインターネット通信で千影と話をしている。
千影は聞いてもいないのに、18年前の盗一との馴れ初めを話す。
話し始めて、数時間が経ち、快斗はうんざりしていた。
この後、キッドは犯行予告した博物館で宝石を奪う。
キッドは宝石を奪った後、青子に変装し、中森警部に弁当を届けにきた娘のフリをして、博物館から抜け出した。
宝石には
『怪盗キッドよ。次は私のターンだ。
月が猶予う土曜の夜、汚れ無き杭の頭に貴様の宝石を封じ、18年前の借りをお返ししよう』
と、書かれていた。
青子に変装しているキッドは、メモを気にしつつも目当ての宝石ではなかった為、中森警部宛の封筒に入れ、ポストに投函した。

〈真の黒幕?〉

キッドが変装している青子の行動を追っていた郷津会長は、青子がキッドだと推測し、また青子を操る黒幕は中森警部だと考えた。
郷津会長は、中森警部をおびき出す為に東都タワーの特別展望台の招待券を青子宛に送る。
青子から招待状の事を聞いた快斗は、何者かの罠だと疑いつつも中森警部に変装し、青子と展望台へ行った。

〈眠る青子〉

展望台には、青子と中森警部(快斗)しかおらず、快斗は怪しんでいた。
青子が展示された車のエンジンをかけると、手錠が飛び出し、青子の腕にはまり、催眠ガスで眠らされてしまった。
そこに郷津と子分達が現れ、中森警部(快斗)に
「久しぶりじゃな、怪盗キッド。
かれこれ18年だ。
あの時と違いお前の相方ファントム・レディは使い物にならんぞ…。」
と言う。
快斗は、郷津が勘違いしていると思ったと同時に千影が話していた盗一との馴れ初めの話と同じ事に気付いた。

〈ファントム・レディ〉

18年前のフランス、エッフェル塔の最上階でファントム・レディに変装した千影がいた。
千影は、怪盗淑女ファントム・レディだったのだ。
千影は宝石が偽物だと確認し、その場を後にする。
そこに、マジックショーの衣装であるシルクハットと白いスーツ、白いマントに身を包んだ黒羽盗一が現れ、千影に拍手を送る。

〈盗一との馴れ初め〉

盗一は、悪党達は偽物の宝石をファントム・レディに盗まれた事にし、大量の模造品を本物と騙し、売りさばこうと企んでいると教える。
この事を知り、千影は偽物の宝石を警察に送りつけ、真実を暴こうと考えた。
展示品のバイクで警察に向かおうと千影が乗った瞬間、手錠が飛び出し、千影の腕にはまった。
そこに郷津が銃を構え、現れる。
郷津は、千影のせいで自分の儲けが邪魔される為、千影をこの世から消そうと企んでいた。
盗一は、千影と一緒にバイクに乗り、アクセル全開で塔の最上階の窓をぶち破り、飛び降りた。
焦る千影に盗一は、顔を隠していた千影の包帯を外し、キスをし
「やはり仮面の下には宝石が眠っていたようだ。」
と告げた。
その間に盗一は、手錠の鍵を外しており、千影を抱きかかえ、ハンググライダーで飛び去った。
観客達の注目を浴びる中、盗一は
「これは怪盗用のコスチュームとして活用しよう。
世間の記憶から消し去るような大怪盗にね。
なので君には怪盗をすっぱり引退して、私の宝石箱に収まって頂きたいのだが。」
とプロポーズし、千影は
「悪くない話だけど、その宝石箱には、他の宝石は入っていないんでしょうね?」
と言うと、盗一は
「もちろん!」
と答えた。

〈絶体絶命〉

千影の話を思い出した快斗は、18年前の悪党が郷津だと気付いた。
郷津は
「偽物を売り捌く手はずは整っている。」
と言い、中森警部(キッド)に銃口を向けるのであった。

感想

まさかの千影も怪盗だったとは、驚きでした。
出会った時に、盗一は千影にプロポーズし、キスをしましたが、いつ好きになったのでしょうか?
もともと好きで近づいたのか、一目惚れしたのか、どちらなのでしょう。
千影の様な性格の人に、宝石箱に収まってほしいというプロポーズは、嫌がるかな?と思いましたが、千影はときめいたようですね。
命をかけて守ってくれた人にあの状況でプロポーズされると、どんな女性でもイチコロでしょうね。
盗一は、ファントム・レディである千影を守る為に怪盗キッドになりました。
この時は、スネイク達が狙うパンドラの事はまだ出てきてないようです。
中森警部に変装していた快斗ですが、郷津は未だに誤解したままです。
この誤解を解かなければ、今後青子や中森警部が被害を被ってしまいます。
郷津は金の猛獣、自分の儲けの為なら手段を選ばない厄介な敵なので、逃げられてしまうと快斗を脅かす相手になりそうです。
次回、警察に捕まる事を願います。
名探偵コナンでは、続く話は前編、後編と書いてあるので、まさか続く話だとは思いませんでした。
続きが気になりすぎます!
快斗は18年前の盗一と同じように青子を助ける事ができるのだろうか!?

まじっく快斗1412をU-NEXTで見るならこちら

U-NEXTでは『まじっく快斗1412』全24話を無料で配信中
見逃しちゃった…レンタルは面倒!というあなたは今すぐU-NEXTをチェック!

※視聴するにはU-NEXTに登録が必要ですが、31日間は無料。不要な場合、解約すれば料金はかかりません。


キッド関連の映画も無料配信中!

世紀末の魔術師
銀翼の奇術師(マジシャン)
探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)
天空の難破船(ロストシップ)
業火の向日葵

アニメ『まじっく快斗1412』第10話のあらすじ・ネタバレはこちら

アニメ『まじっく快斗1412』がもっと楽しめる情報満載!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP