「最遊記RELOAD BLAST」第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~八戒の喫煙姿~ | VODの殿堂

アニメ

「最遊記RELOAD BLAST」第11話のあらすじ・ネタバレ・感想~八戒の喫煙姿~

   
 

タイトル:「最遊記RELOAD BLAST」第11話(全12話)
放送局:AT‐X他
キャスト:玄奘三蔵/金蝉童子:関俊彦、孫悟空/悟空:保志総一朗、沙悟浄/捲簾大将:平田弘明、猪八戒/天蓬元師:石田彰、哪吒太子:幸田夏穂、観世音菩薩:五十嵐麗、紅孩児:草尾毅、紗烙三蔵:勝生真沙子など
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年5月7日現在配信中)

“クマリ”タルチエと初対面を果たした三蔵一行、タルチエは国の命運を占星術で測る予言者だった。
そのタルチエは三蔵一行を見て、500年前と同じ軌道をいくだろうと密かに予言する。
三仏神に呼ばれていきなり牛魔王蘇生実験の阻止という任務から降りてもらうと言われる一行は、しばし車で休憩するのだが悟浄の紋様を三蔵がばらしてしまい…
一方、紗烙はある村に様子を見に行く、そこは暴走していない妖怪の村だった…

それでは「最遊記RELOAD BLAST」第11話のあらすじと感想をご紹介します。

『最遊記RELOAD BLAST 』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ
※配信状況は2019年10月21日(月)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ第11話 襲撃

三蔵以外はリスク

「え?え~?やっぱこれ妖怪の?」と沈黙を破る悟空。

八戒が三蔵を責めるように見ると「いつ教えようが現状は変わらんだろうが」と言う。
悟浄は、「くっそーなんでよりによって自分で見えねぇ位置に…どんな模様なんだ?」と後ろを気にする。

悟空が「どんなって…こう、とぐろ巻いてる」と指でぐるぐるっとすると続けて三蔵が「ああ、確かにとぐろ巻いてるな」、八戒も「安心して下さい、カッコよくとぐろ巻いてますから」と言う。
「誰1人信用できねぇーー、けど、なんで今さらそんなもんが現れたんだ?」と考え込む悟浄。
三蔵は冷静に「お前の血の半分は妖怪だからな、八戒の見解通りマイナスの波動の影響だろう」と言い煙草を吸っている。

悟空は「でも、別に耳とんがったりしてないじゃん、妖怪化っていうか刺青入ってチンピラ度が増しただけじゃね?」と言うと、すぐ悟浄が「とぐろのタトゥーなんざ嬉しくねぇや、ま!俺なんざ半端もんの妖怪だし…異変の影響も中途半端でしたーて、オチじゃねぇの?」と開き直る悟浄。
八戒が「さっき解雇されたんですから西に行くのは義務ではなくなったんです、避けられるリスクは避けた方がいい」と言うと「俺をリスク呼ばわりすんな、それなら八戒だって暴走する可能性はあるだろ」と反論する悟浄。

「じゃぁ恥を忍んで言いましょうか、あなたが暴走して止められなくなっても僕にはあなたを殺せません。三蔵ならきっとあなたが望む形で始末をつけてくれるでしょう…その時、僕はおそらく三蔵と敵対してしまう…」と八戒。
悟空も悟浄も黙って聞いている…さらに続ける八戒、「たとえ暴走したのが悟空や僕だとしても、あなたは僕と同じ選択をするんじゃないですか?つまり、僕も悟空も悟浄も、三蔵一行のリスクなんです。だからそのリスクはどちらか片方…最小限にとどめるべきなんです」と、八戒。
「俺はダメで自分はいいのか?とんだエゴ野郎だぜ、ったくよ~」と、悟浄は口をとがらせる。

とぐろ巻いてるって言い方、いろいろ想像してしまいます。
汚いものとか、怖いものとか、気味悪いものとか…
八戒が悟浄を置いて行くと言ったのは、自分を守ろうとしてくれて言っていることはわかってるんですよね。
でも、たとえ危険な目に遭っても一緒に旅をしたいと思ってる悟浄なんです…が、自分がリスクになると思うと…複雑でしょうね。

ストレス発散

「おっしゃる通り、これは僕のエゴに過ぎない…弱い、情けないと思われても構わない…三蔵には三蔵の、僕には僕の背負い方がある」と言う八戒。

その昔、八戒がまだ猪悟能だった時、“花喃”という恋人がいたが、百眼魔王に凌辱されその子供を身ごもり、最期は悟能の目の前で自害するという悲しい過去があったのだ。
そのことを思い出し「それでも生きていてほしかった…だって悔やみ続けるのは、もうまっぴらですから…」と八戒は遠い目をする。

悟浄が、「だからって俺が、“はいそうですか”って引き下がるとでも思ってるのか?…ってかさっきからなんで最悪のことばっかり考えて物言ってるんだ!現に誰も暴走してねぇじゃねぇか!」とだんだん声が大きく荒げてくる悟浄。
「もういい、お前らここで降りろ、ゴダゴダゴチャゴチャうぜぇんだよ!とぐろが出たくらいで揉めるんだったら長安に戻って、とぐろのクソして寝とけ、どっちも足手まといだ」とめんどくさそうな三蔵。

悟空が呆れて「あ~もう…」と言うと「よくまぁそんな悪態がつけますね、三蔵、これから先白竜と治癒能力が必要なのは誰よりもあなたでしょうが」と八戒が言う。
「だったら白竜は置いて行け」と八戒を睨む三蔵、悟浄が三蔵の胸ぐらを掴み「調子ぶっこいてんじゃねぇぞ、この生焼け坊主」と怒る。
「言っとくが、てめぇなんざ俺が殺してやる価値もねぇ」と悟浄を殴る三蔵。
ここから悟空も入り、殴り合いのケンカをする三蔵、悟浄、悟空。

八戒は知らん顔をしていると、白竜が怒り車を反り返らせて全員を放り出す。
悟空が「白竜が1番冷静じゃん」と言い、悟浄が「このままじゃ、俺ら予言者や三仏神の思うツボだぜ」と煙草に火を点ける。
三蔵も「それは面白くねぇな」と煙草を吸う、八戒が三蔵に「すみません1本もらえます?」と言う。

三蔵も悟浄も八戒も、譲らないっていうか、意地っ張りというか悟空が1番冷静に見守っていたのに、蹴られてついに参戦、結局白竜が1番冷静でした。
八戒、珍しく煙草1本下さいって言ってましたがこの後、見られるかな。
天界の天漣は、ヘビースモーカーだったんですよね。

式神

暴走していない妖怪の隠れ里、ここも半分くらいが異変の影響を受けて出て行き、ずい分と住人の数が減ったという。
紗烙は「異変の元凶を阻む動きが本格化しつつある、それがうまくいけば現状の打破に繋がるから諦めないでほしい」と説明する。
妖怪たちは、「おお有難い、みんな、もう少しの辛抱だ」と励まし合う。
紗烙は、妖怪のみを殺害の対象にしていた、闘神哪吒がここに来る可能性もある…「今日は万が一に備えここの結界を強化しておこうと思う」と立ち上がる。
「恒天の守護の名の元に私は全力で戦う」と心に誓い、集会所の外に出る紗烙。
その時、空に光るものが見え…ドォーンと地上に落ちる。
ものすごいオーラと共に哪吒が現れる。
「来やがったか」と紗烙は身構える、「目標物30体を視認、任務を続行します」と闘神哪吒。

煙草をふかしている八戒に「頭冷えたか?」と三蔵、「あ、ええだいぶ…お騒がせしました」と恥ずかしそうな八戒。

悟浄が八戒の肩に拳をあてて「お騒がせしましたじゃねーっての」と優しい言い方の悟浄、「すみませんでした」と小さくなる八戒。
悟浄が「ここ最近お前の態度がおかしいと思ってたらこういうことだったのか、なんでずっと黙ってた?」と煙草をふかしている八戒に言う。
「精神的な動揺が、最も暴走の引き金になると…今までの経験上…」と八戒、「驚いたが、俺がそんなことで自我が崩壊すると思ってんのか、お前」と悟浄…
そんな話をしていると、ちょっと離れた場所で何か大きな物が落ちたような地響きが聞こえ音がした方を見ると煙があがっていた。

哪吒は無表情のまま、「人間は10秒以内に撤退の意思を表明しろ」と言う。
紗烙は「ここにいるのは、全員人間には危害を及ぼさないという意思を持った者達だ、この紗烙の責任において…」と言っている途中で「10秒計測、執行します」と指を出す哪吒。
紗烙は、経を読むが「排除します」と攻撃する哪吒、紗烙は吹っ飛ばされる。
「話を聞け、このクソガキが!」と怒る紗烙。
紗烙が呪文を唱えると、哪吒の足元からツルが伸び始め哪吒の体を拘束する。
その時1人の妖怪が悲鳴をあげ逃げると「1機逃走、処分せよ」と拘束されたまま言う哪吒。

哪吒の緑の玉から式神が出て来る。
銃で撃つ恒天部隊の瑛刃、だがびくともしない。
残りの緑の玉から、式神が10体ほど出て来る。

それにしても哪吒は強すぎる。
銃で撃っても剣で切ってもお経を読んでも何もききません。
心がないから何を言ってもダメだし。
悟空が何か言ったらあの頃の心を取り戻したらどうなんでしょうか?

圧倒的強さ

哪吒は式神の肩に乗り「今1度選択せよ、人間、撤退か死か」と言う。
「やむを得んな、死んでもどかんわ」と言うと恒天部隊の精鋭が式神と戦う。
その場から逃げようとした妖怪は式神に殺され、瑛刃も切られる。
紗烙は(この哪吒からは、自分の意思や感情は全く感じられない。まるで戦うだけの操り人形のようだ)と考えていると、哪吒を銃で撃つ者が…

「俺らも混ぜてくんな~い?」と悟浄の声、三蔵一行が参戦する。
紗烙が「すまんな、説明すると長くなる」と言うと八戒が「いいえ、大体の状況はお察ししました。そちらが蘇生実験の任務を引き継がれた哪吒太子ですね。お噂はかねがね…」と言う。
「挨拶が遅れたな、東亜玄奘三蔵…一行だ」と三蔵、悟空がじっと哪吒を見て「前に会ったこと…ないよなぁ?」と首をかしげる。

哪吒が悟浄と八戒をとらえ、「敵機、新たに2体発見」と言うと、「なんだって」と波珊。
哪吒は「優先順位を変更、あの4体を排除する」と三蔵達を差す。

式神が無限に出現し、三蔵一行と激しい戦い、哪吒の手からの光の攻撃をよけるのが精いっぱいの三蔵達。
「まともに食らったら骨も残らんなぁ」と、三蔵。

三蔵に銃を撃たれても、弾を指の間に挟む哪吒。
哪吒の妖気には、八戒の気孔も歯が立たない。
悟空の如意棒も、悟浄の錫月杖も、哪吒の剣の前にはなすすべもない。
紗烙が「圧倒的すぎる…」と呟く。
哪吒が「任務を続行します」と無表情で言う……つづく

式神は媒体を倒すのが1番ですが、圧倒的に強い哪吒です。
これなら、蘇生実験阻止の任務を交代されても仕方ないような感じですね。
このまま、任務の変更はないのでしょうか?

まとめ

哪吒は誰に命令されて動いているのでしょう?
李塔天でしょうか?
八戒の珍しい喫煙シーンも良かったですね、なかなか見えないシーンです。
哪吒が、新たに妖怪を確認したと言った時、紗烙や波珊が驚いていましたが見た目が人間だとやっぱりわからないんですね。
まだ、任務続行しますって言ってました、でも悟空と哪吒は戦ってほしくないなぁと思いました。
記憶が戻ってまた、仲良く遊んでいる姿を見たいです。
哪吒が言う秘密基地を、悟空に見せてあげてほしいな。
いよいよ最終話です。

最遊記シリーズを見るならdアニメストアがオススメ!

配信中のシリーズ
・幻想魔伝 最遊記
・最遊記 RELOAD
・最遊記 RELOAD GUNLOCK
・最遊記 RELOAD-burial-
・最遊記外伝
・最遊記外伝 特別篇 香花の章

dアニメストア

月額440円(税込)でほぼすべてのアニメが見放題!(一部有料作品あり)アニメに特化した動画配信サービスなので、アニメ好きにはマストアイテムです!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「最遊記RELOAD BLAST」第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~何様?三蔵様~
「最遊記RELOAD BLAST」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~独角兕は優しい異母兄~
「最遊記RELOAD BLAST」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想~悟空の大事な人~
「最遊記RELOAD BLAST」第4話のあらすじ・ネタバレ・感想~哪吒の悲しい瞳~
「最遊記RELOAD BLAST」第5話のあらすじ・ネタバレ・感想~桜をめでる捲簾~
「最遊記RELOAD BLAST」第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~金蝉、捲簾、天蓬の生き様~
「最遊記RELOAD BLAST」第7話のあらすじ・ネタバレ・感想~玄ぴょんでいんじゃね?~
「最遊記RELOAD BLAST」第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~紅孩児の炎獄鬼~
「最遊記RELOAD BLAST」第9話のあらすじ・ネタバレ・感想~ロボット哪吒~
「最遊記RELOAD BLAST」第10話のあらすじ・ネタバレ・感想~“ロリばぁさん”タルチエ~
「最遊記RELOAD BLAST」第12話(最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~三蔵一行の進む道~

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP