窪塚洋介出演の動画配信サービスは多数あり!『GTO』からハリウッド作品まで魅力を余すことなく紹介 | VODの殿堂

俳優

窪塚洋介出演の動画配信サービスは多数あり!『GTO』からハリウッド作品まで魅力を余すことなく紹介

   
 

窪塚洋介さんは、時にはトリッキーで変わった人と言われることも多いですが、スクリーンに登場すれば鮮烈な印象を残し唯一無二の存在感を放っています。

芸能活動を始めた頃には別名で出演しており、1995年~1997年に「ヨースケ」として活動していたころを加えれば、今年芸歴25年を迎えることになります。

1998年からはドラマ出演が中心となり、2001年ごろからは映画の出演が多くなりましたが、2005年から表舞台から姿を消していました。

2010年より映画や舞台で再び活躍するようになったのです。

裏社会に切り込む作品には欠かせない俳優になってきた窪塚さんを紹介します。

窪塚洋介の経歴

・1995年:『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)に深町充役で「ヨースケ」の芸名で出演し、芸能活動開始。

・1998年:『GTO』(フジテレビ系)に菊池善人役で出演。
この作品より本名の窪塚洋介で活動開始。

・2000年:『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)に安藤タカシ役で出演。

・2001年: 映画『GO』に主演として杉原役を演じ、最年少で日本アカデミー賞である新人俳優賞と最優秀主演男優賞を受賞。
    
・2017年:『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビュー。
   
GTOでは、2年4組きっての天才生徒で、実は教師イジメの黒幕(リーダー)を熱演して、ドラマでの演技が認められたこともあり、その後には出演依頼が増えてきます。

池袋ウエストゲートパークになると、今まで日本映画やドラマになかったようなストリートギャング風の不良役を作り上げ、いかにトリッキーの中に怖さを作り出すか、という役作りに苦労したようです。

しばらく活動を休止し、復帰がハリウッドということに驚いた人も多いでしょう。

2012年にオーディションのオファーが届き、オーディションを受けたところ最終選考まで残り、スコセッシ監督から「(ロケ地の)台湾で会おう」と言われたことで、合格を手に入れます。

表舞台から消えたと思われていましたが、実はオーディションを受けるなど、活動のための下地を作っていたんですね。

代表的な出演作品

GTO

藤沢とおるの漫画「GTO」を原作とした、連続テレビドラマ化したものです。

主人公の鬼塚英吉役には反町隆史さん、ヒロインの冬月あずさ役には松嶋菜々子さんが演じ、窪塚洋介さんは、生徒の菊池善人役を演じています。

窪塚さん演じる菊池善人は、優等生でありながら教師への悪戯を企む首謀者の一人で、主人公の鬼塚に対して敵意をむき出していましたが、鬼塚の人間性に触れるにつれ、良き理解者へと変わっていくのです。
そんな菊池善人がメインになった話は第2話と早い段階で放送されています。

窪塚さんは、聡明な雰囲気を醸し出しながら、優等生ならではの孤独や微妙な心の動きを表現するのが上手く、そんな演技力を好評価されすぐに注目されるようになったのです。

『GTO』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

池袋ウエストゲートパーク

オール読物推理小説新人賞を受賞した石田衣良の小説をドラマ化しています。

主人公の真島 誠長瀬智也が、渋沢光子には加藤あいが出演しています。

水野俊司にはジャニーズJr時代の山下智久が出演しています。

窪塚洋介さんは、マコトとは高校の時の同級生で、G-Boysの通称「キング」こと安藤崇(タカシ)を熱演しています。

佐藤隆太、妻夫木聡高橋一生などの俳優が多数出演し、演出を堤幸彦が担当し、脚本には当時注目の若手である宮藤官九郎が行って、当時には新鮮な演出が大うけして、大人気ドラマとなりました。

マコトは、“池袋のトラブルシューター”と呼ばれており、依頼された難事件を次々と解決して、住民の幸福と秩序の維持を目指すのです。

タカシは、ひょうひょうとしたトリッキーなキャラクター性に加え、非常に残忍かつサディスティックで、暴力と独特のカリスマ性があり、喧嘩の実力は池袋最強で不良少年たちをまとめ上げています。

窪塚さんは、パーマのかかったど派手な金髪でサディスティックな性格、間延びした喋り方など、独特のキャラクターであるキングを作り上げるのは大変だったと思います。

しかし、この役で窪塚洋介のその後の出演作品に大きな影響を与えた役ともいえるでしょう。

現在動画配信はありませんが、TSUTAYAレンタルで見ることができます。

『池袋ウエストゲートパーク』を見るならこちら

大手レンタルショップのTSUTAYA(ツタヤ)の動画配信サービス。定額レンタルと組み合わせることで、毎月DVDやブルーレイが借り放題に。

GO

『GO』は第123回直木賞を受賞した金城一紀が在日韓国人である実体験に基づいて書いた同名小説を原作とした映画化で、第25回日本アカデミー賞を総ナメにした作品です。

窪塚さんは、主役の在日韓国人高校生、杉原を演じています。

民族学校からの親友である正一が、駅で些細な誤解から日本人高校生に刺される事件が起こります。

仇討ちに行く仲間に賛同できない杉原は、自分が在日であることを告白し、そのことで今ままでの人間関係がいびつなものになってきます。

菅原は、日本で生まれた「コリアンジャパニーズ」であり、日本人と変わりがないと思っていたが、バスケ部員たちには「在日」と言って差別を受け、キレて暴力をふるってしまうのです。

在日韓国人ではない自分が演じることへのプレッシャーをすごく感じたそうですが、同じ境遇の仲間もいたことから参考にしたりして、役作りに励んだとのことでした。

『GO』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

ピンポン

神奈川県藤沢市を舞台に、卓球に魅了された5人の高校生の青春が描かれています。

ペコ(窪塚洋介)スマイル(ARATA)は幼馴染みで、スマイルがいじめられていた時にペコが助け、スマイルにはペコが心の中のヒーローです。

ペコは卓球が得意で、小学校の頃から卓球では右に出るものがほとんどいないほどの腕前ででした。

高校生となり片瀬高校の卓球部に所属するものの練習には参加せずに、遊びの延長かのように賭け卓球で金をせびるような日々を過ごしていたのです。

そんなペコは、卓球を止めることにしたアクマの言葉がきっかけで卓球に再び目覚めるのです!

窪塚さんは、カメラが回っていない時でもサーブの素振りをしたり、フォームを確認したりするなど、原作主人公になりきるためにストイックな一面も見せていました。

見た目の再現度だけでなく、卓球にかける熱い高校生たちの青春がバシバシ伝わってきます。

『ピンポン』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

沈黙ーサイレンスー

遠藤周作の小説「沈黙」を、巨匠のマーティン・スコセッシ監督が映画化したヒューマンドラマです。

17世紀の江戸初期に、幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎で棄教したといわれる師の真相を確かめるため、若い宣教師2人は日本を目指します。

窪塚さんが演じるキチジローの手引きによって、2人はマカオから長崎へ潜入します。

そして隠れキリシタンたちに出会いますが、その後過酷な運命が待ち受けているのです。

キチジローは捕らわれた家族を助けるため宣教師たちを騙すのですが、結局家族は目のまえで殺され、自分も騙されていたことに気づくのです。

窪塚さんは、この映画に入るにあたって、監督の考えや表現を理解するために、自宅に帰ってまで役作りの事を考えたそうです。

「キチジローという役は自分の持っている力の全てをぶつけることのできる相手であって現場であった。」

と言うほど、この役には全力で取り組んでいたようです。

窪塚洋介をはじめとし、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシといった日本人キャストが出演してます。

『沈黙 -サイレンス-』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

その他の出演作品

窪塚さん多くの作品に出演しています。

一部ではありますが、動画配信情報を紹介します。

『凶気の桜』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

『魔界転生(2003)』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

『同じ月を見ている』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

『俺は、君のためにこそ死ににいく』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

『ヘルタースケルター』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

『アリーキャット』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ

※配信状況は2020年4月6日(月)時点のものです。

まとめ

最初のドラマデビューが『金田一少年の事件簿』とは驚きましたが、その当時は「ヨースケ」と名乗っていたということで、気がつかなかったことに納得しました。

でも本名にしてから目覚ましい活躍を考えると、改名してよかったのかもしれません。

筆者が窪塚洋介に対する印象は、2004年にマンションの9階から転落し一時重体になったお騒がせ俳優、というのが強かったです。

しかし、翌年の2005年に活動復帰してからは、マルチな才能を生かしてミュージシャン「卍LINE」やカメラマン「空水」として活動範囲を広げています。

また、2017年には『沈黙-サイレンス-』に出演したことでハリウッドデビューし、俳優として見事にカムバックを果たしています。

最近では映画中心に出演していますが、17年ぶりにドラマ『Giri/Haji』に出演します。

今までヤンキーやチンピラといった役はやったことありましたが、ヤクザ役はしたことがなかった窪塚さんです。

ハードボイルドなヤクザをどう演じるかが見どころですね。

裏社会だけでなく、さまざまな役を演じることができる役者さんと思っているので、今後の作品を期待したいです。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP